過去の記事

文芸部の活動報告【令和5年度】

「文芸埼玉」第110号掲載作品合評会参加

 1月24日水曜日にさいたま文学館で「文芸埼玉」第110号詩部門入選者を対象とした合評会が行われました。講師は選考委員の先生で、入選者は各自の入選作品を朗読し他の参加者と感想の交換をしました。本校からは入選者1名が参加しました。以下は参加した生徒の感想です。

「合評会では沢山のことを学びました。一つの作品についてじっくりとお互いの意見を交換し、私自身も沢山のアドバイスをいただきました。詩作については、経験の長短にとらわれず書くこととオリジナリティを出せるようにアドバイスを鵜呑みにせずに表現することが大切だと教えていただきました。自分の詩に自信を持ちこれからも精進していきたいと思います。」

合評会を開催していただいたさいたま文学館の皆様に心より御礼申し上げます。

さいたま文学館

卒業記念部誌贈呈

 引退した3年生に卒業記念部誌を贈呈しました。今年のテーマは「出会い」です。2年生は3名の連作による小説を、1年生は全員が小説を執筆しました。3年生のおかげで1,2年生が楽しく活動することができ感謝しています。

 

「文芸埼玉」第110号入選

「文芸埼玉」第110号の詩部門の自由作品に1名入選しました。入選作品は12月下旬に発行予定の「文芸埼玉」第110号に掲載されます。

文化祭

 文化祭で部誌を販売しました。9月9日土曜日は一般公開で多くのお客様に購入していただきました。

 一学期の活動では、各自の好きな文芸作品を紹介したり、ゴールデンウイーク中に創作した作品を持ち寄り読み合わせをしたり、その場でリレー小説や即興作品を執筆したりしました。自身の作品に対する他者の感想に触れることで客観視が可能になり良い刺激になっているようです。部員同士で切磋琢磨しながら成長していくことを期待しています。

 いつも温かく見守っていただいている皆様には感謝申し上げます。

 

春部誌の発行

 本年度もよろしくお願い申し上げます。春部誌『Sylphid』と個人誌4冊を発行しました。個人誌は創作意欲旺盛な生徒が執筆しました。新入生の入部を心よりお待ち申し上げております。