過去の記事

陸上競技部の活動報告【令和4年度】

2023年 初練習&初詣

2023年1月4日(水)

2023年初の練習では、鷲宮神社まで初詣jogをしました。

コロナ禍になってから、昨年2年ぶりに実施できた初詣jogを今年度も実施しました。

残念ながら全員そろって初詣に行くことはできませんでしたが、昨年度と同様に、

参拝、部長によるおみくじ引き、絵馬の奉納をしました。

昨年度のおみくじは「大吉」でした。

今年度は、

 

中吉」でした!

 

いまは基礎となる力を養う時。焦らず地道に努力を重ね、明日に備えましょう

まさに、冬季練習の期間にぴったりのお言葉をいただきました。

春のシーズンに向けて、現在は土台作りの真っ最中です。

部員全員で励まし合いながら、残りの冬季練習も頑張っていきましょう!

2023年も、よろしくお願いいたします。

令和4年度冬合宿 報告

2023年になりました。

本年も久喜北陽高校陸上競技部をよろしくお願いいたします。

 

昨年末の12月25日(日)~12月28日(水)の3泊4日の日程で、熊谷スポーツ文化公園にて合同冬合宿を行いました。

参加校は、八潮南高校、羽生第一高校、本校の計3校でした。

諸事情により、夏合宿よりも参加人数が少ない冬合宿となりましたが、夏合宿を経験したからこそ他校との交流が積極的になり、とても有意義な合宿となりました。。

短距離・跳躍は、競技場の雨天練習場や公園内の坂などで走り込み

中長距離は、公園内のロード、坂、クロカンコースで走り込み

投擲は、投げの基礎的なドリルや投げ、ホテル近くの砂場での体づくりを中心に練習を行いました。

 

  

 

 

 

メインの競技場や投擲場の一部改修工事の影響で、練習場所が限られましたが、

4日間すべて晴天に恵まれ、予定通りの練習を消化することができました。

2・3日目は風がかなり強く、より強度が増すこともありました。

 

また、今回の合宿もホテルの方々に多大なるご協力をいただき、おいしい食事を毎日提供していただきました。

生徒たちも練習の疲れを癒すかのように、残さず食べていました。

 

今回の合宿にあたり、夏と同様に感染状況が落ち着いておらず不安が多い中、また年末のお忙しい時期の中、合宿への参加を御承諾いただいた保護者の皆様に感謝申し上げます。

本校の生徒は合宿期間中に体調を崩すことなく全日程を終えられました。

夏合宿よりも、どのブロックも他校の生徒の前に出て練習に取り組んだり、声を掛け合ったりする姿が見られ、競技者としての成長を実感した合宿でした。

しかしながら、新年の練習が始まってからは気が抜けていることもあってか、合宿と同様の取り組みをしている者がほとんど見られず、そこが本校競技部の課題であると言えます。

どんな練習環境でも、自分自身のために100%の練習をやろうとする姿勢は、競技力を伸ばすうえで必要なことです。

 

常にチームで練習しているため、全員でやり切ろうとする雰囲気づくりをして、日々の練習に取り組んでほしいです。

 

冬季練習も残すは2か月程度、3月末のシーズンインまであっという間です。

全員で県大会出場」という目標を忘れず、今後も練習に励んでまいります。

今後とも応援のほど、よろしくお願いいたします。

令和4年度全国高等学校駅伝競走大会埼玉県予選会 大会報告

11月1日(火) 熊谷スポーツ文化公園にて、

令和4年度 男子73回・女子34回 全国高等学校駅伝競走大会埼玉県予選会が開催されました。

本校の生徒は、男女ともに東部混成Aチームとして出場しました。

結果は以下の通りです。

 

<男子>東部混成A(2校合同チーム)

総合記録 2:30:21 34位相当/72チーム

2区(3km)   1年 髙橋颯汰(さいたま城北中) 9:51 区間22位

4区(8.0975km)  1年 松本青次(久喜太東中) 29:19 区間33位

5区(3km)  1年 小山光(久喜菖蒲中) 10:15 区間32位

7区(5km) 3年 齋藤大地(宮代百間中) 16:46 区間15位

3区松本 4区小山

7区齋藤 7区齋藤

<女子>東部混成A(5校合同チーム)

総合記録 1:24.54 21位相当/45チーム

4区(3km) 2年 緑川琴乃(蓮田黒浜中) 11:59 区間16位

5区(5km) 3年 ラフマンシファ(杉戸東中) 20:16 区間20位

4区緑川 5区ラフマン

5区ラフマン

 

今年の駅伝も、昨年度同様男女ともに単独チームで出場できませんでした。

しかし、中長距離ブロックの生徒は、秋の新人戦が終わってからこの駅伝に向けて努力を重ねてきました。

今年度も混成チームで練習会や選考会をおこなうことで、一人一人の意識を高く維持したまま本番に臨めました。

普段のトラックレースとは違う駅伝で、緊張もありましたが楽しさを感じながら出場した選手が多かったです。

目標通りに走れた者、それ以上に走れた者、惜しくも目標を達成できなかった者と様々ですが、思い切ったレースをすることができました。

来年こそ、男女ともに単独チームで出場できるように頑張ってまいります。

 

また、今大会には3年生が男女1名ずつ出場しました。

特に女子の3年生は、夏合宿も1・2年生とともに参加し、この駅伝に向けて練習に取り組んできました。

練習に真摯に取り組む姿勢は、1・2年生の模範となりました。

ケガに悩まされることもありましたが、最後まで競技をやり切ったことに感謝しています。

男子の3年生も進路実現に向けての勉強もしながら、最後の駅伝に出場してくれました。

一度練習から離れてしまった時期もありましたが、3年生の意地を見せてくれた走りでした。

2人とも、これからは進路実現に向けて陸上競技で培った力を生かしてもらいたいです。 

 

今年度の公式戦は今大会ですべて終了となります。

これからは1・2年生全員で長い冬季練習に励んでまいります。

年末には冬合宿も予定されていますので、来年の大会に向けて部員一丸となって頑張ってまいります。

今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

令和4年度 埼玉県高等学校新人陸上競技選手権大会 大会報告

9月22日(木)~24日(土) 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にて、令和4年度埼玉県高等学校新人陸上競技選手権大会が開催されました。

結果は以下の通りです。

男子5000m 1年 松本青次(久喜太東中)第44位 記録:17:30.55

男子4×100mR 南-小峯-本村-並木 予選落ち 記録:45.73

男子4×400mR 本村-髙橋-並木-小峯 予選落ち 記録:3:38.69

男子砲丸投 1年 木村拓海(羽生南中) 第18位 記録:9m91

      1年 舟本颯馬(久喜太東中)第35位 記録:8m42

男子円盤投 1年 木村拓海(羽生南中) 第27位 記録:25m90(自己記録更新)

女子800m   2年 緑川琴乃(蓮田黒浜中)予選落ち 記録:2:35.23

女子走高跳 1年 藤井沙衣(加須騎西中)記録なし

男子5000m 松本 男子4×100mR 本村

男子4×400mR 本村 男子4×400mR 髙橋

男子4×400mR 並木 男子4×400mR 小峯

男子砲丸投 木村 男子砲丸投 舟本

男子円盤投 木村

女子800m 緑川 女子走高跳 藤井

競技場まで応援に駆けつけてくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

 

地区大会終了後から悪天候が続き、校庭で専門練習を十分にこなせない中でしたが、できるチャンスに集中して練習に取り組んでまいりました。

しかし、結果としては惨敗です。

地区大会から記録を伸ばせた選手もいますが、上のラウンドに進んだりTop8に残ることができず、県大会のレベルの高さを痛感しました。

 

最終種目の4×400mR決勝まで観戦しましたが、決勝のレベルの高いレースを見て、それぞれ感じる事が多かったはずです。

埼玉県の高校生として陸上競技に取り組んでいる選手としては、この県大会という舞台に立つことが絶対の目標であり、それを忘れずに練習に打ち込んでほしいと思います。

もちろん結果がすべてではありませんが、県大会がどれほどの感動と興奮を感じられる場所であるのか、そこに選手として出場できたからこそ学べることがたくさんあるはずです。

今年度のトラック&フィールドの公式戦は終了となりますが、まだ記録会がありますので、今大会に出場できなかった選手も含めて、自己記録を更新してシーズンを終えたいです。

そして、11月1日には埼玉県高校駅伝が熊谷で開催されます。

本校は今年度も男女ともに混成チームでの出場となります。

中長距離ブロックは駅伝に向けて1ヵ月余り走り込みを中心に練習に励んでまいります。

今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

お知らせ 令和4年度陸上競技新人大会東部地区予選会 大会報告

9月9日(金)・10日(土) しらこばと運動公園陸上競技場にて、令和4年度陸上競技新人大会東部地区予選会が開催されました。

今大会は1・2年生のみで県大会への出場権を争う大会で、この大会を大きな目標として夏休みの強化練習を積んでまいりました。文化祭と両日とも日程がかぶってしまいましたが、夏の練習の成果を発揮するために選手は気持ちを入れて大会に臨みました。

結果は以下の通りです。

 <県大会出場種目>

男子5000m 1年 松本青次(久喜太東中)第13位 記録:17:27.61

男子砲丸投 1年 木村拓海(羽生南中) 第2位 記録:10m47(自己記録更新)

      1年 舟本颯馬(久喜太東中)第7位 記録:8m76

男子円盤投 1年 木村拓海(羽生南中) 第8位 記録:23m53(自己記録更新)

女子走高跳 1年 藤井沙衣(加須騎西中)第12位 記録:1m35

※男子の4×100mR・4×400mRも県大会に出場します。

 

男子400m 男子200m

男子200m 男子200m

男子5000m 男子5000m

男子4×400mR 1走 男子4×400mR 2走

男子4×400mR 3走 男子4×400mR 4走

 

競技場まで応援に駆けつけてくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

 

結果、4名5種目において個人での県大会の出場権を獲得しました。

1年生ばかりのチームですが、国体東部から大きく記録を伸ばした選手が多かったです。

また、駅伝に向けて初めて長い距離にも挑戦しましたが、健闘した走りでした。

しかし、県大会までもう一歩という選手も数名おり、県大会を逃してしまった選手がいることが残念でした。勝ち切る強さを磨かなければなりません。

県大会まで10日ほどしかありませんが、今大会の課題を修正し、地区大会以上の記録を全員が出せるように頑張ってまいります。

応援のほどよろしくお願いいたします。

集合写真

 

令和4年度夏合宿 報告

8月2日(火)~8月4日(木)の2泊3日の日程で、熊谷スポーツ文化公園にて合同夏合宿を行いました。

参加校は、八潮南高校、羽生第一高校、越谷北高校、本校の計4校でした。

感染症対策に気を配るだけでなく、酷暑の中での練習による熱中症など不安要素がある中での3年ぶりの夏合宿。

本校で合宿を経験したことが全員無いため心配事が多かったですが、生徒たちは学校での練習の何十倍もつらいメニューを乗り越えました。

短距離は、競技場や公園内の坂で走り込み

跳躍は、短距離と一緒に走り込みや専門の跳躍練習

中長距離は、競技場や公園内の坂、芝生で走り込み

投擲は、投げ込みや体づくりを中心に練習を行いました。

 

 

 

 

 

今回の合宿にあたり、感染状況が落ち着いておらず不安が多い中、

合宿への参加を御承諾いただいた保護者の皆様に感謝申し上げます。

本校の生徒は合宿期間中に体調を崩すことなく全日程を終えられました。

合宿を経験しているとしていないとでは、練習へのモチベーションや我慢強さが大きく違います。

今回の合宿を経験して、心身ともに成長したと思います。

 

東部地区新人大会まであと3週間ちょっとになります。

「全員が県大会出場」を目標に、残りの期間も練習に励んでまいります。

今後とも応援のほど、よろしくお願いいたします。

 

令和4年度国体少年の部東部地区予選会 大会報告

7月16日(土)~17日(日) しらこばと運動公園陸上競技場にて、令和4年度陸上競技国体少年の部東部地区予選会が開催されました。

期末考査が終了してから1週間ほどしか準備期間が無く、天候にも恵まれない日が続きましたが、3年生の引退試合と9月の新人戦に向けた大会という位置づけで、チーム一丸となって臨みました。

今大会も、学校総合体育大会と同様に保護者の方1名のみ観戦が可能となりました。

結果は以下の通りです。

 

<入賞種目>

高校男子1500m 3年 齋藤大地(宮代・百間中) 第3位 記録:4:07.43

少年男子A5000m 3年 齋藤大地(宮代・百間中) 第3位 記録:16:04.75

高校男子砲丸投 1年 木村拓海(羽生南中) 第7位 記録:9m42

少年男子B円盤投 1年 木村拓海(羽生南中) 第6位 記録:22m83

少年男子Aやり投 3年 新野歩夢(杉戸中) 第5位 記録:39m64

少年女子A100m 3年 小川夏穂梨(加須・大利根中) 第6位 記録:12.80(+1.1)

高校女子200m 3年 小川夏穂梨(加須・大利根中) 優勝 記録:25.95(+2.4)

少年女子A800m 2年 緑川琴乃(蓮田・黒浜中) 第4位 記録:2:37.84

高校女子1500m 3年 ラフマンシファ(杉戸東中) 第6位 記録:5:04.84

少年女子A3000m 3年 ラフマンシファ(杉戸東中) 第4位 記録:11:24.46

高校男子1500m 少年男子Aやり投

高校男子砲丸投 少年男子B円盤投

 少年女子A100m高校女子200m 高校女子200m 少年女子A3000m

少年男子A100m 高校男子4×400mR

高校男子4×400mR高校女子4×400mR 高校女子4×400mR

 

3年生が健闘し、入賞種目は10種目でした。

新人戦の前哨戦という位置づけで考えると、1・2年生では入賞3種目と物足りない結果でした。

夏休みにチーム一丸となり練習に励み、新人戦で他校の選手と競り勝てるように精進してまいります。

また、全員ではありませんが、今大会で引退の3年生が多数います。

3年生は、入学後に臨時休校期間が続き、部活動を始められたのが7月頃でした。つまり、高校の部活動は約2年ほどしか取り組めていません。

その2年間の中でも、何度も部活動停止期間があり、十分な活動ができない期間がありました。

そんな大変な時期があっても、「全員が県大会出場」という目標を忘れずに、自主練習に励む姿が印象的な学年でした。

つらい練習にも真摯に取り組み、高い意識で互いに励まし合いながら練習をしていました。

そういった取り組みが、入賞数にも表れたと思います。

競技引退後も、陸上競技を通して身につけた「目標に向かって妥協せず努力を継続する力」を生かし、進路実現に向かっていってください。

また、11月の高校駅伝まで残る3年生もいますので、ぜひとも残りの期間、勉強と競技の両立に励んでもらいたいです。

最後に、コロナウイルスの影響を多大に受けて、部活動での感染リスクも考えられる中、これまでご理解とご協力をいただきました3年生の保護者の皆様に、感謝申し上げます。

新チームは2年生2名、1年生17名で活動していきます。

1年生多数のチームですが、新部長を中心に目標に向かって頑張っていきましょう。

今後とも応援のほど、よろしくお願いいたします。

集合写真

令和4年度学校総合体育大会埼玉県予選会 大会報告

5月11日(水)~14日(土) 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にて、令和4年度学校総合体育大会高等学校陸上競技の部兼関東高校陸上競技対抗選手権大会予選会が開催されました。

地区大会から3週間弱しか準備期間が無く、天候にも恵まれない日が多い中、選手はこの大会での自己ベスト更新、上位ラウンドへの進出、北関東大会出場を目標に練習に励んできました。

今大会も地区大会と同様に保護者の方1名のみ観戦が可能となりました。

結果は以下の通りです。

 

<出場者結果>

男子1500m 3年 齋藤大地(宮代・百間中) 予選落ち 記録:4:12.70

男子5000m 3年 齋藤大地(宮代・百間中) 予選落ち 記録:15:54.82

男子4×100mR 本村-金子-小峯-新野 予選落ち 記録:47.43

男子4×400mR 金子-3年生-高橋-齋藤 予選落ち 記録:3:44.12

男子砲丸投 1年 木村拓海(羽生南中) 第43位 記録:8m82

男子やり投 3年 新野歩夢(杉戸中) 第23位 記録:37m28

 

女子100m 3年 小川夏穂梨(加須・大利根中) 準決勝落ち

  予選3位 記録:12.90(-1.0)  準決勝6位 記録:12.80(-1.4)

女子200m 3年 小川夏穂梨(加須・大利根中) 準決勝落ち

  予選3位 記録:26.72(+2.0)  準決勝4位 記録:26.32(+0.8)

女子1500m  3年 ラフマンシファ(杉戸東中) 予選落ち 記録:5:01.07

       3年 菊池美香(杉戸中) 予選落ち 記録:5:19.38

       2年 緑川琴乃(蓮田・黒浜中) 予選落ち 記録:5:21.58

女子3000m 3年 ラフマンシファ(杉戸東中) 予選落ち 記録:10:59.11

女子4×100mR 緑川-小川-菊池-ラフマン 予選落ち 記録:55.38

女子4×400mR 小川-緑川-菊池-ラフマン 予選落ち 記録:4:25.89

齋藤1500m 齋藤5000m

小峯4×100mR 3走 木村砲丸投

金子4×400mR 1走 髙橋4×400mR 3走

齋藤 4×400mR 4走 小川200m

小川4×400mR 1走 緑川4×400mR 2走

菊池4×400mR 3走 ラフマン4×400mR 4走

3年生は最後の県大会ということで、この大会に向けての思いが非常に強く、個人での出場者はもちろん、リレーメンバー、サポート係含めて全員で一丸となって4日間戦い抜きました。

県大会で自己ベストを更新した選手もいましたが、上位大会への出場とはなりませんでした。

3年生は2年前、長い休校期間を経て6月中旬に陸上競技部に入部し、まだ2年間しか部活動での活動がありません。

これまで何度も活動停止期間があり、部活動に対するモチベーションを維持することは非常に大変だったはずです。

2年生になって県大会に出場できるようになってからも、レベルの高さに何もできずに終わってしまう選手ばかりでしたが、今大会では次のラウンドに進める可能性があった選手が複数名いました。

県大会で勝負するためには何が必要なのかを考え、必死に練習に取り組んできたからこその結果だと思います。

インターハイへの道が終わってしまい、これからは進路に向けて先に動き出す部員もいます。

しかし、7月の国体東部を最後の大会として引退するのが久喜北陽陸上競技部です。2か月後の大会の目標を再設定し、中間考査終了後から練習に励んでまいります。

また、1・2年生は国体東部、そして9月の新人戦に向けて力をつける必要があります。

今後とも部員一丸となって活動してまいります。応援のほどよろしくお願いいたします。

集合写真1

集合写真2

令和4年度学校総合体育大会東部地区予選会 大会報告

4月22日(金)~24日(日) 越谷市しらこばと運動公園陸上競技場にて、令和4年度学校総合体育大会東部地区予選会が開催されました。

2022年がスタートしてすぐに部活動の活動自粛期間となってしまい、全体での冬季練習が不十分のまま消化しましたが、新年度になり急ピッチでこの大会に向けて練習に励んできました。

今大会は保護者の方1名のみ観戦が可能となり、生徒たちも昨年度以上に気を引き締めて今大会に臨みました。

結果は以下の通りです。

 

<入賞・県大会出場決定種目>

男子1500m 3年 齋藤大地(宮代・百間中) 第8位 記録:4:10.93

男子5000m 3年 齋藤大地(宮代・百間中) 第7位 記録:16:46.66

男子砲丸投 1年 木村拓海(羽生南中) 第12位 記録:8m90

男子やり投 3年 新野歩夢(杉戸中) 第9位 記録:35m75

女子100m 3年 小川夏穂梨(加須・大利根中) 第4位 記録:12.69(-0.2)

女子200m 3年 小川夏穂梨(加須・大利根中) 第3位 記録:26.48(-2.3)

女子800m 3年 ラフマンシファ(杉戸東中) 第6位 記録:2:30.11 ※県大会出場はなし

女子1500m  3年 ラフマンシファ(杉戸東中) 第8位 記録:5:07.41

       3年 菊池美香(杉戸中) 第15位 記録:5:37.85

       2年 緑川琴乃(蓮田・黒浜中) 第16位 記録:5:38.50

女子3000m 3年 ラフマンシファ(杉戸東中) 第8位 記録:11:02.94

小川100m 小川100m

 

金子200m 新野200m

小川200m 金井1500m

齋藤1500m ラフマン1500m

菊池緑川1500m 新野やり投

1年生が入部して人数も増えて、活気あふれるチームとなりました。

中学校では陸上競技を経験したことがない新入生も多く、3日間の大会を観戦して一人ひとり今後の目標が定まったことと思います。

そして、上級生は決勝に残り他校の選手と競い合う勇姿をたくさん見せてくれました。

結果として、個人で「全員が県大会出場」という目標を達成することはできませんでしたが、10人(重複あり)の県大会出場を決めることができました。

今後はチーム一丸となり、5月11日から始まる県大会に向けて練習に励んでまいります。

その前にGWには記録会があるので、多くの1年生はその記録会が高校最初の試合となります。

今後とも応援のほど、よろしくお願いいたします。