華道部の活動報告

2023年10月の記事一覧

10月10日の活動報告

 本日は、花ナス、ガーベラ(シーマ・ミヌー)、鶏頭(ルビーパフェ)、モンステラ(アレキサンダー)の4種で、ハロウィンをイメージしての花材を用意していただきました。とても大きな葉のモンステラは、熱帯アメリカ原産の植物だそうで、沖縄からお花の市場へ出荷されたそうです。板谷先生から『モンステラの葉を工夫して好きなようにデザインして生けてください』とアドバイスをいただき、それぞれが秋を感じながら作品を完成しました。

10月3日の活動報告

 本日の花材は、錦木(ニシキギ)、鶏頭(ケイトウ・サカタプライド)、小菊(セイヤスラギ)の3種で1年生は基本に戻り『立態』、2年生は『斜態』でお稽古です。錦木は世界三大紅葉樹と言われている木で秋の紅葉時期になると、葉がとてもきれいに色づくそうです。太い枝の切り方を学び、錦木から生けましたが、切り分けるのに中々苦労していました。また、ケイトウが真っ赤で大きく、小菊もたくさんのお花をつけていてそれぞれが季節を感じるよい作品が完成しました。10月になっても残暑厳しい日々ですが、お花を見ながら秋を感じた時間でした。