女子バスケットボール部の活動報告

R5 夏季休業中の活動⑥ ~BB Festival交流戦編~

こんにちは!

8月11日、茨城県下妻市の総合体育館にてBB Festival交流戦に参加してきました!

昨年はコロナの影響で参加することができなかったのですが、今年もお声がけいただき1日参加させていただきました!

埼玉、千葉、茨城から全7チームが集まり、10分のハーフゲームを回していきました。

この夏、必死に取り組んできたことをコート上で発揮するチャンスです。ミスを恐れずに積極的に挑戦し続けること、そして人任せにせず、自分がチームに良い影響を与えるために行動し続けること、この2つがここ最近のチームと個人の課題でした。

ハーフゲームではありますが、体格差のあるチームにも当たり負けすることなく力強いプレーを仕掛けたり、苦しい場面を粘り強いDFでチャンスを作り出したりなど良いプレーが多くみられました。また、自分の役割を理解し、必死に挑戦しようとする意欲的な姿勢をもち続けられた1日だったと感じます。これはチームとして1歩成長です!

全体を通して日々取り組んでいることが成果として現れた部分もあればまだ取り組みが甘い部分もありました。課題が尽きることはありませんが、少しずつ1人1人の選手としての成長、そして人間的成長を感じられます。それは、今回ののように様々なチームと試合ができ、経験を積み重ねることができる環境が整っているおかげです。決して当たり前のように与えられるものではありません。最後の終礼でも選手たちに話しましたが、このような機会を作ることは簡単なことではないのです。それをしっかりと理解し、感謝の気持ちを忘れずに日々行動していってもらいたいと思います。

さらに今回はお忙しい中にもかかわらず、保護者の方にも多くのご協力をいただきました。言葉で感謝を伝えることはもちろんのこと、この恩はコートで一生懸命にプレーする姿でお返しできればと思います!

このような貴重な機会を与えてくださった運営の皆さま、各チームの皆さま、そして保護者の皆さま、本当にありがとうございました!