『北陽日記』

久喜北陽の植物 少しずつ春の知らせ & 卒業生の描いた春

本校の植物が、「春」を知らせてくれています。本校と本校の周りの植物を紹介します。

今年は、春休みになっても気温が上がらない日もあったので、始業式や入学式まで桜が見られるかもしれません。4月に向けて蕾が準備しています。

本校の木々は、本校職員が大事に育てています。本校にお越しの際には、たくさんの植物もご覧になって、心を癒していただければと思います。

校内も華道部さんが素敵な活け花を飾ってくれています。

 

また、卒業生が地元の久喜市から依頼があり、地域のシャッターに絵を描い花を咲かせてくれています。地域に貢献してくれているのは嬉しく思います。(こちらの卒業生は、在校時は全国大会に出場しています。)

これで、春、夏、冬が揃ったそうです!

 

柱にまで桜の花びらがこぼれて、舞っています。

卒業生も、在校生も職員も大活躍の久喜北陽高校です。