【R2】バックナンバー(2020.4.1~2021.3.31)

研究授業

 音楽の研究授業がありました。この日は、1年生の授業です。楽譜を見ながら、作曲家が記号のスラーをなぜここで使っていたのか、なぜピアニッシモ(ppp)を使ったのかなど記号から作曲家の気持ちを読み取り、曲の解釈を深める授業です。生徒から独自のさまざまな解釈が出てきました。その気持ちを生徒たちは心に描きながら歌いました。その歌からは聞いている人にも、その解釈が伝わってきました。

 授業向上のため、このように公開授業を度々行っています。教員は授業の後、よりよい授業にするために他の教員と意見交換します。生徒にわかりやすい授業ができるよう研鑽してまいります。