過去の記事

吹奏楽部の活動報告【令和3年度】

コンクールの賞状

先日の吹奏楽コンクールで久喜北陽高校は残念ながら地区大会銅賞に終わりました。銅賞でも賞状をいただけたので、書道の得意な元部長に清書してもらい、額縁に入れました。埼玉県の地区大会A部門は全団体に賞がつくので、出場さえすればもらえる賞状です。しかし、私たちにとっては、少人数の時代から苦労してようやくここまで規模を拡大し、何年振りかもわからないA部門に出場することができたという達成の証です。堂々と音楽室に飾りたいと思います。

アンサンブルコンテストに向けて

現在、久喜北陽高校では分散登校・分散部活動が続いていますが、アンサンブルコンテストに向けて部内予選を始めています。今年も例年通り、吹奏楽界で活躍されている作曲家の先生を2名お招きして公平に審査をしていただく予定です。審査の様子はまた後日お伝えします。

さて、少し遅くはなりましたが楽譜が全部届いたので、顧問も譜読みスタートです。基本的に、アンサンブルコンテストは選曲から譜読み・音楽づくりまでを自分たちでやることにしているので、現在練習はノータッチですが、質問されたときには的確な答えが出せるよう、顧問もしっかりスコアを読み込みます!何事も準備が大切です!

分散部活動開始

現在、久喜北陽高校は全校生徒を半分に分けて交互に分散登校を実施しています。部活動は登校している日しか参加できず、分散でやる形になります。42名の部員が20名前後に分かれての活動になりますが、せっかくなのでみっちり基礎から見直そうと、丁寧に基礎練習・基礎合奏に励んでいます。少人数の合奏は、個人個人の音色に気を配りやすく、また生徒の側も、大人数に隠れてごまかすことが難しく、責任ある演奏が求められ、非常に良い練習になります。

写真が小さくてわかりづらいのですが、後輩が真剣にチューニングしている横で、カメラに向かってピースしている先輩がいます。真剣にやりましょうね。

文化祭反省会&活動計画会議

文化祭の後は全員で反省会をしました。代が変わって初めての本番、しかも全員北陽での文化祭は未経験という状態での本番でしたが、大きなトラブルもなく終了できました。しかし、細かい反省点はたくさん挙がり、次回以降の課題がわかりました。

反省会はいつものようにGoogleDocumentを使って、みんなでスマホで一斉に書き込む形式。導入した当初は、みんな戸惑っていましたが、最近は全員難なく使いこなしています。

 

反省会の後は、今後の中期活動計画会議です。現在のところ、コロナの影響もあり秋以降、全員で出演する演奏イベントがほぼありません。ということで、自主公演を企画したり、基礎練習に力を入れたり、中期的な戦略を全員で話し合いました

 

と、この記事を書いている途中でしたが、なんと11月に演奏する機会を1つ頂けることになりそうです。せっかく話し合った予定が変更になりそうですが、こうして外部から演奏機会を頂けるのはとても光栄で嬉しいことです。もちろん全力で取り組ませていただきます。

文化祭ステージ

9月11日、文化祭2日目のステージ発表で吹奏楽部は演奏を発表しました。一時は文化祭も開催できるのか不安になり、部活動の制限により週2日の活動に制限され、開催が危ぶまれた今回の文化祭ステージですが、なんとか4曲を発表することができました。凝ったことはできませんでしたが、代替わりして初めての本番をきちんと形にできたことをうれしく思います。また本番は在校生のみでしたがたくさんの人に音楽を聴いていただくことができました。こうして一つ一つステージを全力でこなし、コロナに負けず多方面で活躍できる1年にならんことを。



演奏曲目
マーチ「シャイニングロード」
青と夏
群青
大不正解

 

次の本番は未定ですが、代替わりして以来、なかなかじっくりできなかった基礎練習に部全体で取り組んでいきたいと思います。

夏が過ぎ風あざみ

本日は夏休み最終日、明日から新学期となります。全員で全力で取り組んだ吹奏楽コンクールも終わり、文化祭もだんだん近づき、吹奏楽部の熱い(暑い)夏が終わろうとしています。

文化祭は現時点では縮小して実施予定で、吹奏楽部も演奏があります。2学期は特に序盤から部活動がかなり制限され、思い通りに活動ができなくなる可能性もあります。9月から全く活動ができなくなっても慌てないよう、文化祭までまだ日数はありますが、発表予定の4曲を大急ぎで仕上げてしまいました。と言っても「ようやく形になった」程度で、まだまだこれからブラッシュアップしたい部分はたくさんあります。とはいえ、こうして練習ができて、発表の機会があるだけでも幸運です。

練習後は、使わせていただいていた音楽室や各教室を全員で大掃除しました。吹奏楽部では、日々練習場所や楽器を貸していただけることは当たり前ではない、常に感謝しよう、と日頃意識して活動しています。どんなに本番が差し迫っていても、こういったことを忘れてはいけないと思います。

この1ヶ月の間、吹奏楽モード一色だった音楽室は、授業の隊形に戻り、慌ただしい2学期が始まります。

部活動体験実施報告

夏休み後半の吹奏楽部部活動体験、無事終了しました。興味を持っていただいた中学生とその保護者の方にお越しいただき、一緒に個人練習や合奏をました。ご来場ありがとうございました。10月以降、学校説明会でも部活動見学は実施しますので、興味を持っていただけた方はそちらにお越しください。また、感染症拡大を受けて、外出が不安な方にも久喜北陽高校吹奏楽部の様子を知っていただけるよう、今後も、ホームページの更新に力を入れていきたいと思います。

緊急事態宣言の影響で、現在部活動は週2回に制限されています。文化祭も近いので、追い込みをかけたいところではありますが、安全を最優先しつつ、集中して練習に臨んでいきます。

8月23日(月)部活動体験実施

8月23日(月)に実施予定の吹奏楽部部活動体験ですが、予定通り実施します。お越しの際は、マスク等感染症対策をしたうえで、お越しください。

なお、当日朝まで受け付けておりますので、↓の申し込みページをご覧いただき、お申込みください。8月28日(土)の部活動体験も、受付中です。

部活動体験申し込みページ

NEW 夏休み部活動体験のお知らせ

 音楽夏休み部活動体験のお知らせ 音楽


吹奏楽部では、夏休み後半にも独自日程で部活動体験を開催することにしました。

久喜北陽高校吹奏楽部はどんな雰囲気?
どんな先輩がいる?
吹奏楽未経験で入っても大丈夫?

是非実際に来てみて
雰囲気を肌で感じてみてください。
疑問・質問にも答えます!
見学のみも可能です。

日時

8月23日(月) 9:00~11:00
8月28日(土) 9:00~11:00


中学生の皆さんの参加をお待ちしております!
以下のボタンよりお申し込みください。

 

【注意事項】  

  • 中学生の皆さんは必ず保護者の方の了承を得てから参加してください。
  • 怪我をする恐れのある激しい活動はしませんが、1日傷害保険(スポーツ・レジャー保険)にご加入いただいた上でご参加ください。インターネットやコンビニエンスストアで手続きができます。
  • 密を避けるため、各日程、上限人数を設定させていただきます。上限人数に達した場合は、申し込みフォーム上での申し込みができなくなります。
  • 当日は、体温測定をした上でマスク等感染症対策をした上でお越しいただき、体調不良の場合は参加をご遠慮ください。
  • 感染症拡大の状況次第では、急に中止となることもあります。お越しいただく前に、学校ホームページの吹奏楽部のページをご確認ください。
  • 楽器は学校のものを貸し出しいたします。マウスピースや楽器をお持ちの方は是非ご持参ください。
  • 当日は猛暑も想定されますので、水分を多めにご持参ください。
  • その他ご不明な点は、お電話でお問い合わせください。0480-21-3334(顧問:大嶋)

大規模改修工事と吹奏楽部

ところで、現在久喜北陽高校は大規模改修工事の真っただ中です。生徒が勉強する普通教室を改修しているため、吹奏楽部は夏休み中の練習はかなり場所の制限を受けています。そんな中、大問題が発生しました。なんと、音楽室からの唯一の楽器運びだし経路が、改修工事で通れなくなってしまったのです。様々な関係する方々に相談して、工事業者のご配慮により、楽器を運び出せるような扉をつけてもらうことができました。合計3回のホール練習と大会本番の日は、工事を一時中断していただき、楽器を無事に運び出すことができました。

日中は工事をする音、何かを切ったり、ハンマーで何かをたたいたりする音がひっきりなしに聞こえてくるのですが、ある日あることに気づきました。吹奏楽部が合奏で通し練習をするときだけ、工事の音が止むのです。マーチのテンポに合わせて目立たないようにハンマーを叩いていたとの生徒情報もありました。暑い中短い工期で工事を終わらせなければならないのに、吹奏楽部の活動にここまで配慮していただけたことに、感動しました。

本当に様々な人のご理解・ご協力あっての吹奏楽部の活動だと実感しました。