野球部の活動報告

野球部の活動報告【令和5年度】

 第105回全国選手権大会 埼玉大会の結果報告

新チームが始動し、新たな夏が始まりました。更新が遅くなってしまいましたが、第105回選手権・埼玉大会の結果についてご報告いたします。

 

2回戦 鷲宮高校に10-4とリベンジを果たす

北陽 303 310 000 10
鷲宮 130 000 000 4

7月11日(火) 越谷市民球場の第1試合で行われました。初回、先頭打者がヒットで出塁すると、そこから相手守備のエラーも絡み3得点。一時は逆転を許すものの、集中力を絶つことなく戦い続け、試合をひっくり返すことに成功しました。守備でのミスも少なく、投手を中心とした粘り強い守りを実現できた試合となりました。

3回戦 タイブレークの末、浦和実業を破る

北陽 000 001 000 4 5
浦実 000 000 100 2 3

7月16日(日) 初戦から中4日、レジスタ大宮の第1試合で行われました。相手は初戦の鷲宮高校さん同様、強豪の浦和実業さん。継投策も功を奏し、こちらが目論んでいた投手戦に持ち込むことができました。膠着した中盤に先頭打者がヒットで出塁し、先発投手も務めた3年生選手が先制打を放ちます。ここから北陽の流れ!とはいかず、すぐに追いつかれます。その後も、度重なるピンチをミスなく凌ぎつつ、タイブレークとなりました。タイブレーク10回には犠飛や四球から4得点。10回裏には一打サヨナラの場面までもつれましたが、最後の打者を右飛に打ち取りゲームセット。4回戦進出を決めました。

埼玉新聞 2023/7/17 記事より

4回戦 Cシード・大宮南の前にコールド負けを喫する

北陽 100 000 0 1
大南 701 000 × 8

7月21日(金) 3回戦突破の興奮冷めやらぬ中、市営浦和球場の第1試合でシード校の大宮南との一戦に臨みました。同じ県立校でありながら、春の大会でベスト8に進んだチームとの一戦です。ベスト8をめざす北陽としては何としてでも乗り越えたい壁でした。初回に幸先よく先制したものの、その裏の守備で四球や守乱が絡み、7点を失います。その後も、2,3回戦と、強豪校を相手に力投を続けた投手陣が攻略され続け、試合の流れを引き戻せないまま、打線も沈黙してしまいます。北陽に流れを引き戻すためにも代打に送られた3年生選手が続けて打ち取られゲームセット。1-8の7回コールド負けで、4回戦敗退となりました。


ベスト32進出

大宮南戦では本来の力を出し切れず、コールド敗退となってしまいました。目標のベスト8にも届かず、チームとしては、本当に悔しい敗戦でした。しかし、秋の大会・春の大会と、共に地区予選で敗退し、「埼玉県内で一番弱いチームである」という現実と向き合い、歯を食いしばって最後の最後まで戦い続けた選手たちは、本当に素晴らしいチームを築き上げてくれたと思います。
強豪公立校を相手に勝利したこと。長年、北陽野球部が超えられなかった壁である強豪私学に勝利したこと。そして、ベスト8の公立校に悔しくも敗れたこと。全て、部員にとっては一生の財産です。北陽野球部での日々を糧にこれからの高校生活・人生を充実したものにしていってもらいたいと思います。今大会は3年生部員だけでなく、1,2年生部員も多く出場しました。これも、北陽野球部の歴史上ではあまりなかったことです。本気で野球と向き合った先輩たちの背中を見つめ、多くの学びを得たと思います。先輩たちに恥じない、強い北陽野球部を作っていきましょう。

本記事の最後となりますが、暑い中応援席で選手の背中を押してくださった、吹奏楽部・チア部の皆さま、保護者会の皆さま、北陽生、卒業生。そして、今大会で高校球児たちにご声援をくださった全ての皆さまに心より感謝申し上げます。ありがとうございました。これからの北陽野球部の歩みにもぜひ、ご注目いただけますと幸いです。

保護者会主催の壮行会・選手権大会組み合わせ決定

①保護者会主催の壮行会

6/18(日)、毎年恒例の保護者会の皆様による壮行会が実施されました。千羽鶴の贈呈やスライドショー上映など、毎年チームの力となる激励を頂戴し、夏の大会に向け気が引き締まるイベントです。
日頃から保護者の方々の支えがあってこそ、高校野球は成立しているということを選手たちも改めて実感できたのではないでしょうか。その感謝の思いを目一杯、大会で表現しましょう。保護者の皆様、ありがとうございました。





②選手権大会組み合わせ決定

保護者会の壮行会を終えた直後、6/20(火)。遂に夏の選手権大会の組み合わせが決定しました。
一回戦シードのくじを引いたため、北陽は二回戦からとなります。

二回戦:vs鷲宮高校 7/11(火)越谷市民球場第二試合

多くの高校がある中で、隣校の鷲宮高校さんとの対戦となりました。鷲宮高校
さんには、昨年の11月に実施された東部ブロック研修大会(中央ブロック大会)の準決勝で2-7で敗北しています。半年の間で成長した成果を発揮できるよう、精一杯頑張りたいと思います。百折不撓の精神で夏のベスト8をつかみましょう。

今年の夏は、コロナ禍以前の応援も可能となり、高校野球らしさが取り戻される大会となります。ぜひ、球場へ足を運んで高校球児たちにご声援をいただければと思います。

新指導体制についてのご報告・今後の日程について(新入生向け)・春季大会組み合わせ

①新指導体制についてのご報告

4月から新年度に入り、本校野球部も新体制としてスタートを切りました。
今年度より大宮東高校野球部前監督の河西竜太先生をお招きし、従来のスタッフに加えた指導者4人体制での久喜北陽高校野球部が幕を開けました。校務との関係で4月6日が河西先生と部員たちとの初顔合わせとなりましたが、埼玉の公立強豪校を長年率いてきた河西先生の言葉を、部員たちは真剣なまなざしで聞いていました。
このメンバーで、目標である「埼玉県ベスト8」を実現する。
選手・指導者で思いを再確認できました。「百折不撓」の精神で今後の活動にも励んでいきます。

 

②今後の日程について(新入生向け)

週末の天候と、それに伴うグラウンドコンディションへの影響を鑑みて以下のように予定を変更する運びとなりましたのでお知らせします。

【従来の予定】
8日:練習試合(遠征)
9日:練習(本校グラウンド)

【変更後の予定】
8日:新入生練習なし
9日:練習試合(遠征)

この変更によって、新入生が参加できる春季休業中の練習は6日が最後となりました。
実施できたのは数日だったものの、今年の新1年生はアップから練習メニューまで全て2,3年生と同じ内容をこなしてきました。例年の新入生よりも先輩についていける選手が多く、今後の伸び代に大きな期待が感じられました。ぜひ、北陽野球部に入部し、野球に打ち込む日々を過ごしてもらいたいと思います。
もちろん、この春休み中に部活動に参加できなかった人の入部も心よりお待ちしております。野球に興味がある人はぜひ、グラウンドに足を運んでください。

 

③春季大会組み合わせ

4月5日に春日部高校にて実施された抽選会で、春季埼玉県大会東部地区予選の組み合わせが決定いたしました。

初戦:vs草加東高校 4月13日(木) @やまぶきスタジアム(第二試合目)
代表決定戦:vs春日部工業高校ー八潮南高校 の勝者 4月15日(土) @春日部牛島球場(第三試合目)

最後の夏に県ベスト8を達成するために、まず狙うのは春季大会でのベスト16入り(夏の大会シード権獲得)です。選手たちにとってはこの冬の取り組みの成果を発揮する場でもあります。今大会からは学校関係者以外の入場も解禁となりましたので、興味がある方は球場まで足を運んでいただけるとありがたいです。
精一杯頑張りますので、ご声援のほどよろしくお願いします。