過去の記事

吹奏楽部の活動報告【〜令和2年度】

情報処理・パソコン オンライン講習会に参加

本日、高文連主催のオンライン講習会に参加しました。今年はコロナウイルスの影響で、多数の学校で集まっての会議は行えないことからzoomによるオンラインでの開催となりました。久喜北陽高校からは、部長副部長と、新2年生代表が2部屋に分かれて参加しました。普段はなかなか他校の悩みや実践を聞く機会はないため、貴重な機会となりました。


新入生の皆さんへ
現在久喜北陽高校は春休みとなっています。吹奏楽部への入部を検討されている方、もうすでに決めている方、ぜひ練習に来ませんか?楽器未経験でも大丈夫です!↓のページもご一読ください。

鉛筆春休み中の部活動参加について

音楽 活動風景(金属加工?)

吹奏楽部では、生徒による自主運営を掲げており、なるべく自分たちでできることは自分たちでやるようにしています。例えば、練習日程(いつ活動し、いつ休むか)も全て生徒が決めていますし、毎日の練習メニューも生徒が決めています。しかし、一つの吹奏楽部が活動するには、さらに細かい雑務もたくさんあります。

写真は、注文した打楽器のアタッチメントパーツが学校の楽器に合わず、パーツを切断・研磨して適合させているところです。必要な工具や加工寸法も自分たちで見極め、作業しました。音楽とは全く関係ない作業ですが、こういった問題解決能力を磨くことは非常に重要と考えます。問題を自分たちで解決しようとする気持ちが、部や音楽をさらにより良いものにする原動力になり、やがてはこれから生きていく力になっていくと信じています。


鉛筆春休み中の部活動参加について

ノート・レポート 春休み中の部活動参加について

入学許可候補者説明会のあと、部活動説明会がありました。多数の方にご来場いただきありがとうございます。

吹奏楽部は、新2年生によって結成された新歓隊が説明会を仕切りました。少しは久喜北陽高校吹奏楽部の雰囲気が伝わったでしょうか。入学後はぜひ、吹奏楽部で一緒に音楽をやりましょう!

もし、入部の意思を固めた、あるいはまだ入るか迷っている人は、春休み中の練習に来てみませんか?すべて午前中の練習です。また、すべて現時点での予定ですので、直前に変更になる可能性もありますので、練習に参加する前日には必ずこのホームページを確認してください。

3月 25日(木) 9:10~
   26日(金) 9:10~
   27日(土) 9:10~
   29日(月) 8:30~
   30日(火) 8:30~

4月 2日(金) 8:30~
   3日(土) 8:30~
   5日(月) 8:30~
   6日(火) 8:30~
   7日(水) 8:30~

音楽練習参加にあたって

●説明会で配布の用紙に保護者の印をもらって持参してください。
●傷害保険に必ず加入してください。「1日 傷害保険」で検索すると様々な商品があります。
●中学校の制服やジャージでお越しください。私服でも構いません。
●楽器を持っている人は持参しても構いません。
●ご自宅で体温を測って、健康状態をチェックしたうえで参加してください。
●春休み中に参加した楽器に必ずしもなれるとは限りません。(参加の有無に関係なく全員できる限り希望を配慮します。)
●生徒昇降口から入り、4F音楽室にお越しください。
●自転車は、駐輪場の3年生のスペースにきれいに整えて置いてください。
●保護者の方の見学も可能です。

鉛筆持ち物

飲み物(水かお茶)
上履き or スリッパ
楽器(お持ちの方は)
マスク
※昼食は不要です

練習再開

部活動停止が解除され、まだまだ短い時間ではありますが部活が再開されました。みんな待ってましたとばかりに音楽室にやってきますが、楽器演奏のほうは、長いブランクがありすっかり衰えてしまいました。今日は久しぶりにセクションで合わせをやりましたが、ロングトーンのあまりのフラフラ加減に部員みんなで苦笑い。調子が戻るには時間がかかりそうですが、焦らず少しずつやっていきたいと思います。

入部をお考えの皆さんへ(令和3年度)

久喜北陽高校への進学を検討している中学生の皆様・吹奏楽部への入部を検討されている中学生の皆様向けのページです。

キラキラ部員より

私たち吹奏楽部は、同級生間の横のつながり、先輩後輩間の縦のつながり共に、とても深く、みんな仲良しです。久喜北陽高校吹奏楽部は、メリハリをしっかりできる部活だと思います。真面目に練習に取り組むときはしっかり取り組み、遊ぶときは遊ぶ。お互いに教えあい、高めあうことで、一人では到達することの難しい境地までたどりつくことができます。また、部活で交流の場としてレク係を中心に年4回を目標に親睦イベントも開催しています。みんなで仲良く楽しくワイワイ盛り上がっています。皆さんもぜひ私たちと一緒に吹奏楽を、音楽をしませんか?4F音楽室にて元気に活動しています!!

 

動物顧問より

仲間と協力し一つの音楽を作り上げる過程で、音楽の素晴らしさを味わい、自分自身を成長させていくことができる。それが吹奏楽の魅力です。

「日本で一番幸せな吹奏楽部を創ろう」というスローガンを掲げ、どうしたら楽しく実りある活動ができるか、一人一人が考えて主体的に活動しています。毎日の部活動が楽しくて楽しくて、どんどん音楽をやりたくなってしまう!そんな吹奏楽部を目指します。また顧問も部員も、お互いがお互いを信じて、長所を尊重し、短所を認め合うことで成り立っている部です。

従来のネガティブなイメージの吹奏楽部から脱却した、新時代の吹奏楽部がここにあります。

 

ノート・レポート今後の活動予定

・令和3年度は吹奏楽コンクールA部門にエントリーする予定です(10年ぶり!)
・定期演奏会(令和3年度は3月開催です)
・外部からの依頼演奏や地域イベントでの演奏
・文化祭や体育祭など校内行事での演奏

 

グループ部員数

新3年生 13名・新2年生 24名 
合計 37名(男子7名・女子30名)

 

音楽入部をお考えのみなさんへ

久喜北陽高校吹奏楽部に入部して一緒に演奏しませんか?

●吹奏楽経験者の方
その経験を久喜北陽高校吹奏楽部で活かしてみませんか?中学校より自由度が高く、あなたの努力と創造力次第で無限大の楽しさが待っています!

●高校から吹奏楽を始めようとお考えの方
音楽経験もないし楽譜も読めないけれど楽器を始めたい…そんな方!心配いりません!先輩や先生が丁寧に指導します!プロの演奏家を招いてのレッスンも受けることができます。本校吹奏楽部は3割ほどの部員が高校から楽器を始めています。

 

 

本練習日

月火木金 曜日 18:00まで
土 曜日 8:30~12:00(本番前は15:00
水・日 曜日 休み

大会前や演奏会前などは多少変動します
休みの日に演奏イベントが入ることもあります
朝練習は自由参加

 

情報処理・パソコン年間活動紹介

一昨年度までの演奏イベントと部内イベントをまとめました。コロナウイルスの影響で、現在はかなり違う運営を強いられていますが、様々な工夫をして、楽しい活動を維持しています。

▽年間活動紹介【演奏編1】(上半期)はこちら

▽年間活動紹介【演奏編2】(下半期)はこちら

▽年間活動紹介【部内イベント編】 はこちら

お祝い 3年生卒業

3月12日、3年生が久喜北陽高校を卒業しました。おめでとうございます。

たった8名しかいなかった吹奏楽部に入部し、急激に成長する吹奏楽部で、新しいことに挑戦し続けた3年間でした。決して楽しいことばかりではありませんでしたが、数多くの山や谷を乗り越え、最終的には吹奏楽部を47名の大所帯にまで成長させ、9年ぶりとなる定期演奏会を復活させた代でもあります。強烈な個性を最後まで出し続け、強く部を引っ張って行ってくれました。本当にありがとうございます。

残されたメンバーで吹奏楽部をさらに発展させて行きたいと思います。またいつでも遊びに来てください。久喜北陽高校吹奏楽部は、いつまでも皆さんにとって帰って来ることのできる場所です。

 

プラクティスミュート購入

緊急事態宣言に伴う部活動停止を受け、吹奏楽部は自宅で活動できる練習内容にシフトしており、GoogleClassroomを使った課題の提出や、日々の呼吸練習などを実施しています。このたび思い切って、金管パートのためのプラクティスミュートを一括購入しました。大きな音のする楽器は自宅で吹けない環境の生徒が多く、そういう環境でも少しでも練習できるようにと購入に踏み切りました。日常会話程度の音量になるとのことです。

定期演奏会延期のお知らせ

定期演奏会延期のお知らせ

3月29日に予定しておりました第22回定期演奏会ですが、緊急事態宣言に伴い部活動が停止となりました。その影響で練習時間が十分確保できないため、延期いたします。また、延期後の開催においても、感染症拡大の状況次第では一般の方をご招待できるか未定の状況です。詳細は、決定次第掲示板にてご連絡いたします。

 


 

しかし、吹奏楽部は前進を止めません。1ヶ月以上部としての活動ができませんが、運営役員を中心に、この休止期間中に何かできないかを検討してきました。アイデアが出尽くしたようなので、本日GoogleClassroomのドキュメント上で細部を詰める会議を開きました。音声は使わず、共同編集のドキュメント上で、項目を分類したり、コメントをやり取りしながら、休止期間中の課題について検討しました。まるで往年のチャットのようで、最新のICT教育の技術を使っているのに古典回帰したような気分でした。部活動再開時になるべくスムーズに演奏会準備に取り掛かれるように、部員一同、在宅吹奏楽部で頑張ります!

↑ドキュメント上のあちらこちらで、課題に関する議論がチャットのように行われ、リアルタイムで反映されていきます。

ICT × 吹奏楽部 その②

冬休み終了と同時に県立学校は部活動が休止となっています。部員たちは楽器を持ち帰り、各自できることを見つけて練習します。GoogleClassroomの課題提出機能を使って、基礎練習の動画を提出してきた生徒もいます。顧問はそれに対して、具体的なアドバイスを記入して返却します。

 

また、先日は3月に行われる定期演奏会のⅢ部の構成を考える係(寸劇班)がオンライン上でミーティングを行いました。GoogleClassroom上にある台本のファイルを担当生徒全員で共同編集しながら、全体の構成や配役などを検討していきました。

 

ちなみに、先日行われた文化部発表会の反省会も、今回初めてオンライン上で実施しました。気軽にアクセスして編集できることも幸いし、多くの反省点が集まりました。コロナで部活ができない!と悲観するのではなく、できることを見つけて新しいやり方を模索してきます。無事に部活動が再開できたら、休止期間中にため込んだアイデアやエネルギーを一気に開放し、演奏会の成功に向けて全力疾走します!

文化部発表会

12月23日、この日は中止になってしまった文化祭の代替行事として開催された文化部発表会に参加しました。吹奏楽部は、単独で「Paradise Has No Border」「クリスマスソング」「Xmas Swingin' Collection」の3曲を、またコーラス部とのコラボレーションで合唱付き「Let It Go」を、最後にチア部とのコラボレーションで、久喜市ではおなじみ「クッキーダンス」を披露しました。短い練習期間でしたが、部員たちも全力疾走で駆け抜け、何とか曲を完成させるに至りました。うまくいった部分と、これからの課題となる部分がはっきりした本番でもありました。

この後は、コロナウイルスによる部活動休止期間に入り、1か月ほど部活ができなくなります。各自楽器を持ち帰り、3月の定期演奏会の新曲をさらったり、GoogleClassroomで出された基礎練習課題に取り組んだりしていきます。また再び集まって合奏できる日を楽しみにしながら、少し長い冬休みに入ります。

 

それではみなさんMerry Christmas!!雪

(練習終了後の部長です)

ICT × 吹奏楽部の時代へ

本日は、第22回定期演奏会の選曲会議を行いました。

久喜北陽高校では、コロナウイルスによる休校を踏まえて、全校でGoogle Classroomを導入して、オンライン授業を行ったり、進路アンケートを集計したりしています。部活動でも使用が認められ、吹奏楽部ではClassroomを活用して、より活動を効果的なものにするべく研究を重ねています。またいつ休校になってもおかしくない状況下で、仮に休校になっても吹奏楽部としての前進が止まらないよう、日頃からこういったツールに慣れ親しんでおくのは大切に思います。


さて上の画像、何やら生徒たちが下を向いて一斉にスマホを操作していますが、オンラインゲームをしているのではなくて、実はこれ選曲会議中の1コマです。あらかじめ用意した会議資料は、部員全員のスマホで共同編集ができるようになっており、近くの人と話し合いをしながら候補曲にコメントを入力している場面です。これだけの大所帯となると一斉に意見交換をするのは難しくなってきます。逆に、全員がスマホで自由にコメントできるからこそ、発言を拾い上げる形式の従来の会議よりも活発に意見交換がなされていました。1年生も積極的にコメントしています。顧問もタブレットで成り行きを見学しています。

これは選曲会議中の会議資料です。ここに全員のコメントがリアルタイムで記入されて行きます。最終的には、投票までこの資料の上で行い、第3部ポップスステージの曲がほぼ決まりました。

講師の先生のレッスン

15日は、以前からお世話になっているサクソフォンの先生に加えて、新しくトランペットの講師の先生をお呼びしました。今までは人数も少なく、予算も限られていたため、木管・金管・打楽器で3名の講師の先生をお呼びしていましたが、本年度より各楽器の専門の先生をお呼びしてレッスンしていただくことにしています。顧問も毎日指導について勉強・研究を重ねていますが、やはり餅は餅屋に、その道のプロフェッショナルに教えていただくのが1番です。

一通り基礎練習を見ていただいたあと、部員たちは普段抱えてる様々な奏法に関する悩みを先生に相談していました。大変密度の濃い2時間となりました。

第22回定期演奏会始動!

今年8月に、久喜北陽高校吹奏楽部は9年ぶりとなる単独定期演奏会を復活させました。そして、すでに吹奏楽部は次の定期演奏会「第22回定期演奏会」に向けて動き出しています。第22皆定期演奏会は、3月29日(月)夕方より、久喜総合文化会館大ホールにて開催します。

本日は、「コンセプト決め」と題して、ポップスステージを貫くテーマを決定するための話し合いを行いました。いくつかの案が出揃い、この後は中心となって動く2年生で煮詰めて行きます。演奏会のための係分担も決めました。これから4ヶ月間、たくさんの曲を練習しながら、様々な係活動をこなし、一つの演奏会を形作っていくことになります。

アンサンブルコンテスト結果報告

11月16日、久喜総合文化会館で開催された埼玉県アンサンブルコンテストに参加してきました。本校からは打楽器3重奏とクラリネット4重奏が参加しました。結果は、残念ながら入賞ならず。埼玉県の吹奏楽の壁の厚さを感じた1日となりました。

しかしどちらの団体のメンバーも、終わった後とても楽しそうにしており、音楽を楽しむという本来の目的は十分に達成されたと感じました。また、4人中3人が高校からクラリネットを始めたクラリネット4重奏はもちろん、打楽器3重奏も、自分たちの技量を超えるような難曲にあえて挑戦し、不断の努力の末に形にした経験は、今後の吹奏楽部にとって大きなプラスになると感じました。アンサンブルで様々なことを学んだ7人が、今度は違った形で吹奏楽部を引っ張っていってくれることを願っています。

お忙しい中ご指導いただいた講師の先生方ありがとうございました。

アリオ鷲宮8周年イベント

11月14日は、アリオ鷲宮8周年イベントにお招きいただき、イルミネーション点灯式典で演奏してきました。8月に定期演奏会を開催して以来の久しぶりのイベントでした。

まずは恒例のチア部とコラボレーションしてのクッキーダンス。クッキーダンス吹奏楽バージョンは、久喜市公認の久喜北陽高等学校のオリジナル編曲です。

その後は、このイルミネーション点灯をイメージして新しく作曲した《ファンファーレ》を点灯のタイミングに合わせて演奏。さらに2017年度課題曲の《マーチ・シャイニングロード》、そしてお馴染み《アンパンマンマーチ》《夜に駆ける》《宿命》を演奏しました。

学生指揮者の部員も本日デビュー!練習の成果を発揮し、無事演奏することができました。今後もさらに活躍してくれることでしょう。

夕方の薄暗い夜空に、美しいイルミネーションが映える幻想的な雰囲気の中での本番となりました。また今回は、初めてのイベントで分からないことも多い中、2年生が常に周囲に気を配り、的確な指示で強いリーダーシップを発揮してトラブルなくスムーズに終えることができました。次のイベントも楽しみです。

NEW 演奏イベント告知!

吹奏楽部が出演するイベントのお知らせです!

11月14日(土) 16:55より、久喜北陽高校のお隣のアリオ鷲宮の北側エコ広場にて、アリオ鷲宮8周年記念イベントがあります。吹奏楽部は、イルミネーション点灯式での演奏をします。当日は、久喜北陽高校チア部も出演し、チア部と吹奏楽部の合同演技もあります。ぜひ、皆様お誘いあわせの上お越しください。


写真はアリオ鷲宮様より提供していただきました、前回のイルミネーションのときのものです。

音楽 学生指揮者合奏

本日は、次の11月14日にアリオ鷲宮で開催される演奏イベントに向けて合奏を行いました。久喜北陽高校吹奏楽部は人数増に伴い、本年度初めて(10年ぶりに?)部員から学生指揮者を選出しました。選ばれた部員は、自分の楽器の練習に加えて指揮の練習・楽曲分析など、影で大変な努力をしてきました。本日初めて指揮棒を持っての合奏でしたが、的確な指示と分かりやすい指揮でとても実りある合奏になりました。今後も頼れるリーダーとして吹奏楽部を引っ張っていってくれることでしょう。

11月14日のイベントについては準備ができ次第告知いたします。

アンサンブルコンテスト追い込み

現在吹奏楽部は、依頼演奏に向けての練習や校内文化部発表会に向けて練習しています。それと並行して、アンサンブルコンテストに出場する団体は、追い込みの練習をしています。11月の頭は、立て続けにクラリネットの先生と打楽器の先生をお呼びしてレッスンしていただきました。どちらも優しい先生ですが、練習にも熱が入り、要求もどんどん高くなっていきます。生徒も必死でついて行っていました。まだまだ10日以上あるので、どれだけ最後までつめられるか、ラストスパートです。

ハロウィンパーティー

本日は、少し遅くはなりましたが、部内ハロウィンパーティーを開催しました。顧問は年4回は全員で遊ぶイベントを作れと指令を出しており、そのための係まであるのですが、今年はバーベキューなどができないため、係がアイデアを出し合い、レクを企画しました。「1年生が答える2年生クイズ」「人狼」「ジェスチャーゲーム」「なんでもバスケット」をやりました。

 

みんなではしゃぎながら遊んでいたら上履きでこすれて床が汚れてしまったので、最後は全員で床を雑巾がけして終わりました。(ピースしている部員がいますが…まじめに掃除しましょうね…)

久喜北陽高校吹奏楽部は部員同士の仲もよく、音楽も遊びも全力です。ちなみに、部活終了後は部員の有志で、伊奈学園吹奏楽部の定期演奏会を聴きにいきました。一切楽器の練習はしない1日でしたが、全力で笑い、楽しみ、良質な芸術に触れ感性を磨く、実りの多い1日となりました。

入部をお考えの皆さんへ(令和3年度)

久喜北陽高校への進学を検討している中学生の皆様・吹奏楽部への入部を検討されている中学生の皆様向けのページです。

キラキラ部員より

私たち吹奏楽部は、同級生間の横のつながり、先輩後輩間の縦のつながり共に、とても深く、みんな仲良しです。久喜北陽高校吹奏楽部は、メリハリをしっかりできる部活だと思います。真面目に練習に取り組むときはしっかり取り組み、遊ぶときは遊ぶ。お互いに教えあい、高めあうことで、一人では到達することの難しい境地までたどりつくことができます。また、部活で交流の場としてレク係を中心に年4回を目標に親睦イベントも開催しています。みんなで仲良く楽しくワイワイ盛り上がっています。皆さんもぜひ私たちと一緒に吹奏楽を、音楽をしませんか?4F音楽室にて元気に活動しています!!

 

動物顧問より

仲間と協力し一つの音楽を作り上げる過程で、音楽の素晴らしさを味わい、自分自身を成長させていくことができる。それが吹奏楽の魅力です。

「日本で一番幸せな吹奏楽部を創ろう」というスローガンを掲げ、どうしたら楽しく実りある活動ができるか、一人一人が考えて主体的に活動しています。毎日の部活動が楽しくて楽しくて、どんどん音楽をやりたくなってしまう!そんな吹奏楽部を目指します。また顧問も部員も、お互いがお互いを信じて、長所を尊重し、短所を認め合うことで成り立っている部です。

従来のネガティブなイメージの吹奏楽部から脱却した、新時代の吹奏楽部がここにあります。

 

ノート・レポート今後の活動予定

・令和3年度は吹奏楽コンクールA部門にエントリーする予定です(10年ぶり!)
・3月の定期演奏会(令和2年度は3月29日です)
・外部からの依頼演奏や地域イベントでの演奏
・文化祭や体育祭など校内行事での演奏

 

グループ部員数

2年生 13名・1年生 25名 
合計 38名(男子7名・女子31名)

 

音楽入部をお考えのみなさんへ

久喜北陽高校吹奏楽部に入部して一緒に演奏しませんか?

●吹奏楽経験者の方
その経験を久喜北陽高校吹奏楽部で活かしてみませんか?中学校より自由度が高く、あなたの努力と創造力次第で無限大の楽しさが待っています!

●高校から吹奏楽を始めようとお考えの方
音楽経験もないし楽譜も読めないけれど楽器を始めたい…そんな方!心配いりません!先輩や先生が丁寧に指導します!プロの演奏家を招いてのレッスンも受けることができます。本校吹奏楽部は3割ほどの部員が高校から楽器を始めています。

 

 

本練習日

月火木金 曜日 18:00まで
土 曜日 8:30~12:00(本番前は15:00
水・日 曜日 休み

大会前や演奏会前などは多少変動します
休みの日に演奏イベントが入ることもあります
朝練習は自由参加

 

情報処理・パソコン年間活動紹介

昨年度までの演奏イベントと部内イベントをまとめました。コロナウイルスの影響で、本年度はいつもとかなり違う運営を強いられていますが、様々な工夫をして、楽しい活動を維持しています。

▽年間活動紹介【演奏編1】(上半期)はこちら

▽年間活動紹介【演奏編2】(下半期)はこちら

▽年間活動紹介【部内イベント編】 はこちら

講師レッスン(アンサンブルコンテスト)

先日は2日続けて、アンサンブルコンテストに出場するクラリネット四重奏と打楽器3重奏のために、2名の講師の先生をお呼びしてレッスンしていただきました。専門家による的確な指導のおかげで、短時間で目に見えて上達していくのを感じました。各自、先生から出された課題を持ち帰って練習し、11月の次回のレッスンでまた指導していただきます。本番は11月16日、無観客でのコンテストとなります。

来年の吹奏楽コンクールはA部門に挑戦します!

久喜北陽高校吹奏楽部はここしばらく夏のコンクールにおいて、B部門に出場していましたが、人数増に伴い、来年度の夏の吹奏楽コンクールはA部門に挑戦します!実現すれば、実に10年ぶりの出場となります。ハイレベルな団体ばかりで、苦戦を強いられると思いますが、それに備えて今から十分な準備・基礎固めをして夏の大会に挑みます。早速、課題曲の楽譜を購入し、楽曲分析・検討を始めました。

 久喜北陽高等学校への進学を目指している中学生の皆さん、来年、久喜北陽高校の吹奏楽部で、吹奏楽コンクールA部門に、「新たな風」を吹き込むべく一緒に挑戦しませんか?

部内オーディション

 先日はアンサンブルコンテストの部内予選を行いました。審査員として、吹奏楽作曲家の和田直也先生と、同じく作曲家の今村愛紀先生をお招きしました。どちらも、吹奏楽の現場の最前線で活躍されている方です。参加団体は部内予選とはいえ、ものすごいエネルギーと集中力で練習に取り組んできたので、そのやる気と練習の成果を正しく公正に評価するために、一流の先生を呼んで専門的見地から評価していただきました。結果は、打楽器三重奏とクラリネット四重奏が予選を突破し、アンサンブルコンテストへ出場します。

 また、顧問は今までアンサンブルの練習にはほぼノータッチで、生徒が普段の練習や合奏などを通して学んだ知識を使って自分たちで工夫して音楽づくりをしてきましたが、作曲家の先生方は両者ともそこを非常に評価していました。大会での活躍が期待できるのはもちろんですが、アンサンブルコンテストを通して様々なことを学んだ上級生が、音楽面でも意識の面でも、今まで以上に部をけん引していくのではないかと思うと、今後がとても楽しみです。

部活動見学のご案内&練習風景

 10月3日(土)は本校で学校説明会が予定されています。全体説明会ののち、部活動見学会が予定されています。説明会の方がすでに定員に達してしまったため、新規の参加はできませんが、説明会にお申し込みされた方は、吹奏楽の経験者も未経験の方も、お気軽にお越しください。部員一同、皆様の見学を心よりお待ちしています。


 さて本日も、アンサンブルコンテストの練習に熱が入ります。10月の頭に部内オーディションがあり、出場上限の2団体に絞られるため、それに向けて猛練習中です。顧問は今のところ静観していますが、今までの練習や合奏で得たノウハウをもとにして、生徒だけで様々な工夫を凝らしたり意見を出し合ったりして練習に励んでおり、なんだか楽しそうです。ちなみに、部内オーディション当日は、最前線で活躍されている吹奏楽の作曲家の先生を2名お招きして、審査員を担当していただく予定です。

講師の先生のレッスン

本日は、木管セクションと金管セクションそれぞれ、講師の先生をお招きし、基礎練習を中心としたレッスンをしていただきました。部員それぞれの現状に合わせた的確なアドバイスはプロの演奏家ならではでした。顧問も同席して指導法について勉強しました。このレッスンをヒントに、明日からまた基礎練習に励んでいきます。

楽譜の読み方補習

 現在、吹奏楽部では、主に高校から吹奏楽を始めた1年生部員を対象に、楽譜の読み方の補習を行っています。練習後の時間を使って、1回5分程度、本校吹奏楽部オリジナルの問題集を使って補習をしています。任意参加の補習で、最初はわずかな人数でしたが、日を追うごとにだんだんと参加者が増えてきました。現在はリズムの読み方を中心にやっていますが、最終的には複雑な音楽理論まで扱っていけたら良いと考えています。小さな小さな積み重ねが、大きな山を築くことを信じて、少しずつ頑張っていきます。

新しい練習機器導入!

 

本日は、新しい練習機器を紹介します。Bluetooth接続のオーディオレシーバーです。今まで、セクション練習をするときはケース含めて10kg近くある練習用キーボード(ハーモニーディレクター)とスピーカーを持っていっていたのですが、とにかく重くてセッティングが大変でした。そこで、セクションリーダーのスマホに合奏練習用のアプリを入れ、そのアプリの音をBluetoothで飛ばしスピーカーで出すという方式を採用しました。今まで重いキーボードを持っていってやっていた練習が、スピーカー1つとスマホだけでできてしまうのです。様々な場面で積極的に活用して、基礎力アップに役立ててほしいと思います。

アンサンブルコンテスト練習開始

11月に例年通りアンサンブルコンテストが開催されることが決まり、部内で3団体がエントリーしてきました。これから、各チーム曲を仕上げ、部内オーディションを経て2団体がアンサンブルコンテストに出場する予定です。10月頭を予定している部内オーディションに向けて、早くも練習に熱が入ります。各チーム、今までに取り組んだことのないような難曲にチャレンジしています。

誕生日サプライズ動画

本日、部員から深刻な顔をして相談を受けて、何かと思ったら、今日お母さんが誕生日なのでバースデーソングを演奏して動画に撮りたいとのことでした。フルート、クラリネット、アルトサックス、テナーサックスの変わった四重奏だったため楽譜がなく、顧問が5分で編曲。そのまま練習して録画しました。同じ楽譜を2回繰り返しながら、2回目はジャズ風の変奏を入れるなど、生徒たちで工夫していました。人を喜ばせるためのアイデアはどんどん実現させてほしいと思います。

打楽器講師レッスン

本日は、いつもお世話になっている打楽器奏者の先生をお招きし、打楽器セクションをレッスンしていただきました。基礎練習のみ2時間の濃密なレッスンで、部員は真剣にレッスンを受けながらメモを取っていました。やはり専門的な技術の指導は専門家に見ていただくのが一番です。顧問も同席し、指導法について勉強させていただきました。

裏番組で、管楽器は基礎練習及び、新曲の木管・金管別セクション練習をしました。本年度より、木管セクションリーダー・金管セクションリーダー・学生指揮者を新設し、生徒のみでより充実した練習ができるような体制を構築していきます。3名は現在、合奏指導についての書籍等で研究を重ねて、スキルアップに励んでいます。

呼吸練習再開

飛沫拡散が懸念されていた呼吸練習ですが、部員同士でやり方を模索した結果、窓に向かって実施するというやり方ができるのではないかという意見が出て、本日試しにやってみました。互いに2m程度の距離を取り、窓を全開にし、飛沫がお互いにかからないように十分な換気を行いながら実施しました。

音楽室大掃除

本日は、代替わり2日目の活動です。音楽室の大掃除を実施しました。日々の練習で少しずつ散らかっていった吹奏楽部のスペースを一度空っぽにして、ほこりを取り、使いやすいように入れなおすという作業をやりました。(大量のごみも処分しました。)人数が増えたので「掃除リーダー」「棚整理リーダー」の2係を新設。日々使わせていただいている音楽室を美しく保ち、感謝の気持ちを持って練習に取り組んでいきます。

大掃除の裏番組で、楽器屋さんに来ていただき、マウスピースの選定も行いました。本日5名の部員がマウスピースを購入。自分に合うものをきちんと選ぶことで、音も良くなり、ストレスなく上達していくことができます。

引退式&反省会

定期演奏会が終了し、3年生の引退です。24日には、12年生が秘密裏に用意していた引退式を行いました。濃厚接触を避けつつ先輩方に楽しんでもらいつつ感動的な引退になるようにと、12年生がかなり前から準備していたようでした。3年生の9名、改めてありがとうございました。

 

そして翌々日、写真は演奏会反省会の様子です。「楽しかった」で終わらせず、より良いものを作ろうという12年生の姿勢を感じました。この後、様々なことを決めるミーティングを経て、徐々に新体制始動となります。代替わりした久喜北陽高校は38名で活動していきます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

第21回定期演奏会

こんにちは。先日、久喜総合文化会館で第21回定期演奏会を開催することができました。コロナウイルスの影響で3月に開催する予定だった演奏会が中止となり、夏の大会も中止となり、3年生の最後の発表の機会がなくなってしまいましたが、なんとか最後の舞台を!という思いから、短期間ではありましたが練習に励み、なんとか開催までこぎつけることができました。

当日は、一般の方には公開できず、生徒・保護者の皆様・教職員に限定して、しかも客席数に制限を設けての開催となってしまいましたが、直前の誘いだったにも関わらずたくさんの来場がありました。ご来場いただいた方々、本当にありがとうございます。

3年生はこの日で引退となりました。個性的でいつも賑やかな3年生たちが一生懸命引っ張ってきました。いつも笑顔を絶やさず、どんな時も前向きな3年生たち、彼女たちが目指したかった理想の吹奏楽部がぎゅっと凝縮されたような1日でした。9名の3年生、本当にありがとう。これからは、12年生が中心となって、吹奏楽部をさらに盛り上げていきます。

また、この第21回定期演奏会は、9年開催していなかった久喜北陽高校吹奏楽部単独の定期演奏会の、記念すべき復活公演となりました。開催を聞きつけたOBの方々からもお祝いの声が届きました。たくさんの方々に支えられて成り立っている部活動であることを再認識した1日でもありました。

 

ハンドボール部へのサプライズ応援

先日の野球部へのサプライズ応援に続き、本日はハンドボール部へのサプライズ応援をチア部と共に行いました。

「関東大会に出て、チア部と吹奏楽部に応援して貰いたかったけれど、このような状況になってしまって残念に思っていたから、この応援が本当に嬉しかった。」と喜んで貰えました。

吹奏楽部の3年生の引退は22日。

今年は吹奏楽部もコンクールが中止となり、引退のタイミングを失ってしまった中、最後の舞台を楽しく終えられるよう頑張ります。

部活動体験会

先日、部活動体験会が行われ、吹奏楽部も体験を開催し、多数の中学生に来ていただくことができました。


↑我が部が誇る、爽やかな勧誘隊による出迎え。複雑で巨大な久喜北陽の校舎を音楽室までご案内いたします。

 


↑換気に十分気をつけた上で合奏体験。全国の名門校で実施されているさまざまな基礎練習や、100冊を超える教則本を徹底研究して作り上げた、久喜北陽の基礎合奏を体験していただきました。といっても基本に忠実なごく普通の練習です。

 


↑生徒が自分たちでセレクトした写真を使ったアルバムで、吹奏楽部の年間の流れがわかるようなコーナーも設けました。ちなみに下の記事でも久喜北陽高校吹奏楽部の年間の行事をご覧いただくことができます。

 

年間活動紹介
▽年間活動紹介【演奏編1】(上半期)はこちら

▽年間活動紹介【演奏編2】(下半期)はこちら

▽年間活動紹介【部内イベント編】 はこちら

サプライズ野球応援

例年であれば、夏は吹奏楽コンクールがありますが、それと並んで部内でも気合の入るイベントが野球応援です。本年度は夏の大会は無観客での開催となり、吹奏楽部は応援に行けませんでした。そこで、チア部と吹奏楽部の部員同士が話し合い、野球部の試合前日にサプライズで応援を披露する場を設けました。チア部も吹奏楽部も、顧問が知らないうちに話をどんどん進めていたようで、全て段取りができた段階で、「先生、こんなふうにやろうと思っているのですがよろしいでしょうか?」と相談してきました。もちろん両部顧問、純粋に人を喜ばせるためのこんな素敵なアイデアにNOと言うわけがありません。いつの間にか自分たちで練習予定を調整し、実行まで漕ぎ着けました。

クラリネット購入!

本日、新しいクラリネットが届きました!生徒会から頂ける予算で購入させていただきました。猛暑が続く過酷な環境ではありますが、丁寧に慣らし運転を行い、末永く大切に使っていきたいと思います!

1年生入部!

先日部活動体験が終了し、1年生が入部しました。なんと25名もの1年生が入部し、3年生9名、2年生13名と合わせて、47名の大所帯となりました!たくさんの1年生に入部してもらうことができ、大変うれしく思います。人数が増え、演奏できる曲が大幅に増え、サウンドもより豊かになっていくでしょう。まだまだ部活動に制限がかかっていますが、これからの活動が非常に楽しみです。本年度も、久喜北陽高校吹奏楽部をよろしくお願いします。


部長によるオリエンテーション中です。さまざまな部内のルールについて部長から説明がありました。

 


47人の大所帯で頑張ります!

感染症対策の紹介

先日から部活動が再開され、吹奏楽部も活動を再開しました。顧問の指導のもと、消毒や飛沫対策などできる限りの対策を取って再開しています。飛沫拡散防止のためにフルート専用フェイスガードを自作しました。首から下げて演奏することで、体に負担をかけずに飛沫拡散を抑制できます。生徒からは動きづらい・かっこ悪いとなかなか辛辣なコメントをいただいていますが、安全最優先で活動していきます。

吹奏楽部の顧問の先生へ
製作方法にご興味がありましたら久喜北陽高校吹奏楽部顧問までご連絡ください。

体験入部初日!

本日は、部活動再開二日目、ついに1年生の部活動体験が始まりました。春休み中は楽器の準備などができない状態ではありましたが、新歓担当の上級生たちが、オンライン上で会議を重ね、新入生向けの冊子を作り、様々な準備を重ねてきました。

そして、体験入部初日、なんと31名の1年生に来ていただけました!あまりの人数に音楽室の椅子に座りきれない状態でした。来てくれた1年生ありがとうございます。また遊びに来てください。もし吹奏楽部を気に入っていただけたらぜひ入部を!また、まだ部活動を悩んでいる人は、ぜひ一度見学に来てみてください!経験者も未経験者も大歓迎です!

今週の活動日は、25日(木)と26日(金)、16:00〜17:00です。

こちらも合わせてお読みください。
▽入部をお考えの皆さんへ
 

 

入部をお考えの皆さんへ

顧問からのメッセージ
仲間と協力し一つの音楽を作り上げる過程で、音楽の素晴らしさを味わい、自分自身を成長させていくことができる。それが吹奏楽の魅力です。音楽づくりは人づくり。高校生活を音楽で彩ってみませんか?


今後の活動予定
コロナウイルスの影響で当面の間、活動内容が制限されます
・各種大会への参加、入賞を目指します
・9年ぶりの単独定期演奏会の復活(この3月に開催予定でした)
・外部からの依頼演奏や地域イベントでの演奏
・文化祭や体育祭など校内行事での演奏

 
部員数
3年生 9名・2年生 13名・1年生25名 
合計 47名(男子10名・女子37名)


入部をお考えのみなさんへ
久喜北陽高校吹奏楽部に入部して一緒に演奏しませんか?

●吹奏楽経験者の方
その経験を久喜北陽高校吹奏楽部で活かしてみませんか?
中学校より自由度が高く、あなたの努力と創造力次第で
無限大の楽しさが待っています!

●高校から吹奏楽を始めようとお考えの方
音楽経験もないし楽譜も読めないけれど楽器を始めたい…そんな方!
心配いりません!先輩や先生が丁寧に指導します!
プロの演奏家を招いてのレッスンも受けることができます。
3割ほどの部員が高校から楽器を始めています。
 

練習日
月火木金 曜日 18:00まで
土 曜日 8:30~12:00(本番前は15:00
水・日 曜日 休み

大会前や演奏会前など、予定次第では多少変動します
朝練習は自由参加


年間活動紹介
昨年度までの演奏イベントと部内イベントをまとめました。
▽年間活動紹介【演奏編1】(上半期)はこちら

▽年間活動紹介【演奏編2】(下半期)はこちら

▽年間活動紹介【部内イベント編】 はこちら

年間活動紹介③【部内イベント編】

みなさんこんにちは。先日より、吹奏楽部の活動紹介をしてきましたが、今回は部内イベント編です!吹奏楽部に入ったら1年中練習だけをしているのかというとそうでもありません。久喜北陽高校吹奏楽部は、部員同士の親睦を深めるイベントも重視しており、顧問は年間最低4回は部員全員で遊ぶ日を作るようにと、指令を出しています。これから紹介するイベントは年によって開催したりしなかったりまちまちですが、雰囲気だけでも伝われば幸いです。

年間活動紹介【演奏編1】(上半期)はこちら
年間活動紹介【演奏編2】(下半期)はこちら


春のバーベキュー大会
新入生が入って、楽器決めが終わった頃に、近くの公民館に行きバーベキューをするのが例年の流れです。楽しいイベントですが、全員で協力しないと食事にすらありつけないという意味では、部内のチームワークが試されるイベントでもあります。(ただ、部員はそんなこと気にせず楽しんでいるようです。)。


カレー会
依頼演奏に行った時にもらったカレーが大量にあったので、みんなでカレー会をしました。この日は、音楽準備室が調理場として占拠されました。


かき氷大会
開催は年によりけりです。吹奏楽部の暑い夏に、少しだけ休息を入れるイベントです。


映画鑑賞会
本年度初導入したイベントです。午後に練習がない休みの日に、有志で集まって映画を見る会です。音楽室の大スクリーンと大型スピーカーで大迫力の映画を見ました。本年度は、交響組曲《君の名は》という曲を演奏するにあたり「君の名は」を鑑賞しました。


秋のバーベキュー大会
春のバーベキューだけでは飽き足らず、秋にも開催してしまった年もあります。バーベキューを繰り返しているうちに、部のアウトドア装備がどんどん充実してきて、今ではラーメン1杯分ぐらいの参加費で1日バーベキューができるほどになっています。


新年会
なんとなくみんなで遊ぼう!というゆるいコンセプトで集まって遊びました。この時は、お菓子パーティーと風船バレー大会等をやりました。


鍋会
寒い冬向けのイベントということで、本年度初挑戦です。鍋を音楽室に持ち込んで、グループに分かれて鍋をしました。オーソドックスな鍋を作るグループ、韓国風の辛い鍋を作るグループ等個性が分かれましたが、男子グループだけは、鶏がらスープ会になってしまっていて、最終的にラーメンを作るという珍事もありました。

 

いかがでしたでしょうか?これらのイベントはほとんど部員の発案によるもので、これからまた部員が新しいイベントを考えてくるかもしれません。新入生のみなさんが入部する年には、どんなイベントが開催されるのか、顧問も楽しみにしています。

年間活動紹介②【演奏編2】

みなさんこんにちは。数回にわたって投稿予定の吹奏楽部活動紹介ですが、第2回目の本日は演奏系イベントの紹介(下半期)です。前回同様、年間を通して様々なイベントがあり、演奏形態や場所も様々です。紹介するイベントは本年度までのもので、年によって若干変わります。

演奏編1(上半期)はこちら

10月 演奏イベントなし
中間テストが入ってきます。ここでは今までのところイベントはありません。代替わり直後、じっくりと部内の体制を整えたり、秋以降の演奏イベントに備えたりする期間です。

 

11月 東部地区救急フェスタ
令和元年度、初めて依頼を受けて演奏したイベントです。東部地区消防局主催のイベントで、久喜北陽高校の隣にあるアリオの広場にて演奏させていただきました。

 

11月 久喜市吹奏楽フェスティバル
久喜市主催のイベントで、市内の中高吹奏楽部や一般バンドが一堂に集まり、一日中演奏するイベントです。久喜市内の中学校で吹奏楽部に所属していた方にはおなじみのイベントかと思います。本年度までは、鷲宮高校・鷲宮中学校・鷲宮西中学校との合同バンドを組んでいました。

 

11月 ガス展
新日本ガス様が主催するイベントにて、演奏しました。小さいステージなので、アンサンブル編成をメインに演奏しています。令和元年度は、日程の都合がつかず参加できませんでした。

 

11月 アンサンブルコンテスト
吹奏楽部員にはおなじみ、小編成で出場する大会です。令和元年度は、マリンバ三重奏で出場し、地区大会同賞を受賞しました。

 

12月 チア部チャリティコンサート
久喜北陽高校は、チア部が大変盛んで、全国大会に出場したほか、久喜市親善大使としてあちこちでパフォーマンスを披露しています。そんなチア部が主催するコンサートにて、吹奏楽部として参加させていただきました。単独ステージのほか、チア部・野球部との合同ステージなどを演奏しました。

 

1月 東部地区高等学校音楽祭
東部地区の高校から、音楽関係の団体やクラス合唱が参加し様々な演奏を披露するイベントです。本年度は、夏のコンクールを意識して、少しだけ歯ごたえのある難曲に挑戦しました。

 

2月 バンドセッション
これも元吹奏楽部員にはおなじみ、東部地区に所属している中高吹奏楽部から選抜メンバーを出し、合同バンドを組んで演奏するイベントです。普段はなかなか体験できない超大編成での吹奏楽で演奏できる良い機会です。

 

2月 予餞会
中学校で言うところの三送会(3年生を送る会)です。お世話になった先輩方へのはなむけとして、演奏を披露します。本年度は、吹奏楽部としての演奏の他に、吹奏楽部男4人組によるインストバンドも別枠で出場しました。

 

番外編 男祭り
本年度はコロナウイルスの影響で中止となってしまいましたが、東部地区の高校吹奏楽部に所属する男だけが集まり、演奏会をやってしまおう、という演奏会です。人数が少なく、女子生徒に隠れて地味に活動している男子生徒も、この日ばかりは思い切り爆発します。

年間活動紹介①【演奏編1】

みなさんこんにちは。本日から数回に分けて、吹奏楽部の年間の活動を写真を交えて紹介していきます。過去の投稿から写真を抜粋して、久喜北陽高校吹奏楽部がどんな活動をしているのかご紹介します。

第1回目の本日は演奏系イベントの紹介(上半期)です。吹奏楽部なので、当然演奏イベントが主体です。年間を通して様々なイベントがあり、演奏形態や場所も様々です。なお、紹介するイベントは本年度までのもので、年によって若干変わります。

 

4月 入学式
入学式では式典開始までの時間を使って、持ち曲を披露し、新入生や保護者の方に演奏します。また、校歌披露のときはコーラス部と一緒に、久喜北陽高校の校歌を披露します。

※本年度はコロナウイルスの影響で演奏しない可能性が高いです。

 

5月 中庭コンサート
久喜北陽高校には中庭が二つありますが、そのうちの一つで本年度初めて中庭コンサートを実施しました。普段は中庭は解放されていないのですが、この日は特別に許可を取り、演奏しました。たくさんの生徒・教員が聴きにきてくださり、演奏しているすぐ横でお弁当を食べる生徒もいたりと、暖かい雰囲気の中でのコンサートとなりました。

 

5月 体育祭
吹奏楽部は伝統的に体育祭の入場行進でマーチを演奏しています。生演奏での入場行進は毎年好評です。また、夏のコンクールに向けて、しっかり楽器に息を吹き込む土台をつけ、長時間演奏してもバテないスタミナを身につけるという意味でも、良い経験になっています。

 

6月 東部地区吹奏楽研究発表会
吹奏楽連盟主催のイベントです。中学生のとき吹奏楽部に所属していた方にはおなじみのイベントだと思います。

 

7月 野球応援
夏のコンクールと並んで部員たちに人気のイベントです。野球部の夏の大会で、チア部と一緒に応援を盛り上げます。暑い中大変なイベントですが、非常に盛り上がります。

 

7月 ホール練習
夏のコンクールに向けて、ホールを借り切って、ホールの響きに慣れたり、細部のバランスを微調整するために行う練習です。一日中合奏し続けます。

 

8月 吹奏楽コンクール
吹奏楽部にとって1年の中で一番大きな大会です。久喜北陽高校は何年もコンクールに出場していない時期が続きましたが、3年前より出場を再開し、平成30年度は地区大会銀賞を受賞しました。今後は、さらに良い成績・上の大会を目指していく予定です。

 

9月 文化祭
3年生が引退し、代替わりしたあとの最初のイベントです。校内公開のオープニングステージと、一般公開日のミニコンサートと2つのステージをこなします。

 

下半期は【演奏編2】に続きます。

新入生のみなさんへ②

新入生のみなさん、合格おめでとうございます。現在久喜北陽高校はコロナウイルスの影響で登校ができない状態にあります。部活動もできない状態です。このまま収束することを願っています。

さて、本日は久喜北陽高校吹奏楽部の普段の活動についてご紹介します。皆さんが高校生活を少しでもイメージできたら良いかなと思いっています。

久喜北陽高校吹奏楽部は現在週5日活動しています。水曜日と日曜日は基本的に休み、ただし本番のスケジュール次第では休みが移動することもあります。

平日の活動例(6時間授業の日)

【朝練習】
朝練習は自主参加です。北陽高校は朝に単語の小テストがあるので、なかなか朝は余裕がないことが多く、朝練をする人は少ないです。それでも本番前には朝早くから集まり、自主的に練習をしている生徒もちらほら見受けられます。

【授業】
授業時間中は授業に集中!

【15:30~16:00】
掃除を終えて部員が少しずつ集まってきます。上級生はこの時間を使って、練習計画を立てます。基本的に、その日にやることはほとんど生徒が決めています。新年度も、生徒による自主運営をさらに強化していきます。

【16:00~】
全体ミーティングをします。まずは出欠確認、委員会や面談でいない部員もいるので、それを確認します。連絡事項を共有したら、呼吸練習に移ります。ブレスビルダーという呼吸練習器具を用いたトレーニングも行います(合奏がある日は合奏の直前)。

【16:15~】
各教室に分かれてウォーミングアップ、個人練習を行います。

【17:00~】
合奏をする日は、いつもこれぐらいの時間から合奏をします。ここ数か月は基礎合奏(スケール、和音)に力を入れていて、その成果が徐々に表れ始めました。4月以降、より大編成になると、さらに実りある基礎合奏ができそうです。

【18:00】
なるべく時間通りに終わらせることを心がけていますが、合奏が白熱すると5分10分伸びてしまうこともたまにあります。全体で再びミーティングをして、挨拶をして練習終了となります。

【練習終了後】
終了後は自由解散になります。家に帰る人、隣にあるアリオに友達と夕食を食べに行く人などさまざまです。練習時間内で物足りない人は、さらに教室に行って自主練習をしています。部内の係活動が入ることもあります。

 

平日はこのような感じで練習を行っています。近隣の学校と比較すると比較的練習時間は短い方だと思います。無駄な長時間練習をなるべく避け、無理なく生き生きと活動できる部活を目指します。逆に、とことん音楽を極めたい人には、納得するまでとことんサポートします。

新入生のみなさんへ①

新入生のみなさん、合格おめでとうございます。北陽生と職員一同、みなさんの入学を心よりお待ちしています。

さて、入学後はすぐに部活動決めが行われます。中学校で吹奏楽部に所属していた方、所属はしていなかったが吹奏楽が気になっている方、ぜひ久喜北陽高校吹奏楽部への入部をご検討ください!

【こんな部活です】
・4年前、3名の部員から再スタート
・部員数を少しずつ増やし、現在23名で活動
・様々なイベントや他校との合同演奏会、北陽チア部との合同演奏会を開催
・今年3月には8年ぶりとなる単独定期演奏会を復活予定(でしたが、コロナウイルスの影響で延期…!)
・練習日程、メニューなどは自分たちで考えます

【活動時間】

活動日:月火木金土(週5日)
休養日:水・日(コンクール前や演奏会前は練習が入ることもあります)
練習時間:平日18:00まで 休日は8:30~12:00(本番前等は~15:00)
朝練習なし(練習場は解放しているので、たまに自主練習をしている部員もいます)

【その他】
来たれ経験者!その経験と技術で吹奏楽部を盛り上げませんか?
初心者大歓迎!(元テニス部、美術部、野球部など様々な部から転身した部員が何名もいます)
・部員全員で遊ぶイベントが充実(バーベキュー大会、鍋会、カレー会、新年会等)
・作曲家とのパイプが太い部です。憧れの作曲家の先生のレッスンが受けられるかも。

定期演奏会中止(延期)のお知らせ

3月26日に予定していた第21回定期演奏会ですが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、中止(延期)とさせていただきます。新しい日程については、現在検討中です。新しい情報はこのホームページ上で公開していきます。楽しみにされていた方、大変申し訳ありません。今後とも久喜北陽高校吹奏楽部をよろしくお願いいたします。

新聞掲載

読売新聞の地域版、埼東よみうりに先日1月25日に出演したイベントの様子が掲載されていました。小さな記事ですが、こうして載せていただけて大変光栄に思います。

予餞会

吹奏楽部は、2月14日に行われた予餞会で演奏してきました。演奏したのは《ディズニーランドBGMメドレー》《イエスタデイ》《ECHO》の3曲です。イエスタデイはビートルズのものではなく、今話題のOfficial髭男dismのものです。お世話になった先輩方への感謝の気持ちを込めて、丁寧に、かつ熱い演奏ができたと思います。また、この冬は基礎合奏、特にハーモニートレーニングに力を入れてきたのですが、それが実際の楽曲に生きてきているのが実感できる演奏となりました。この調子で、定期演奏会も頑張ります!(その前に、大切な期末試験がありますが。)