過去の記事

弓道部の活動報告【~令和2年度】

県南東部支部高校生弓道大会 結果報告

 8月18日(日)に大宮公園弓道場で県南東部支部高校生弓道大会が行われました。団体戦での入賞は惜しくも逃しましたが、男子個人第2位、技能優秀賞2名受賞することができました。
 7月は比較的すごしやすい気温で練習することができました。しかし、8月にはいり、足の裏がやけどしそうなほど厳しい日差しのなかで練習を重ねてきました。21日に控えた関東個人選抜県予選を前に、励みになる結果が得られた選手もいました。これから、短い時間の中でもさらに切磋琢磨し、結果に繋げられるよう励んでいきます。

弓道設備充実のための募金活動


 7月7日(日)に菖蒲夏祭りがあり、前年に引き続き、募金活動をさせていただきました。今回は雨が降っていたため、お祭りに参加している人の数がやや少なかったように思えますが、それでも本当にたくさんの方々が募金にご協力して下さいました。
 募金活動に参加した生徒は代替わりを経た二年生。これから久喜北陽高校弓道部を引っ張っていく存在です。今回の募金活動で感じることができた「地域の方々の応援」に結果で答えられるよう、これから練習に励んでほしいと思います。
 募金にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

遠的選手権大会


 5月11日に県立武道館で開催された、高等学校遠的選手権大会に本校から9名の生徒が出場しました。今回は、普段練習している近的(的までの距離28m)ではなく遠的(的までの距離60m)での選手権でしたが、女子個人5位に入賞することができました。

 国体選手選考にかかわるこの選手権は、これまでの大会等で好成績を収めた選手か、各校顧問に推薦された選手しか出られないことから選手の層が厚いです。そのような場で5位に入賞できたことは、6月のインターハイ予選へのいい足掛かりになったのではないかと思います。
 引退まで残りわずか。更なる上達を目指してこれからも練習に励みます。

東部支部大会 結果報告

 1月26日(土)に大宮公園弓道場で東部支部高等学校弓道大会が行われました。団体戦での入賞は逃しましたが、男子個人10位、女子個人5位に入賞することができました。

 全国的にニュースにもなっているインフルエンザの影響で、団体戦のメンバーが揃わず、思うような結果がでなかったチームもありました。その中でも、一人一人が目的意識をもって大会に臨んだ結果が個人入賞という結果につながったのだと思います。2月からは国体強化練習会も始まります。シーズンにむけ、さらに稽古に励んでいきます。

久喜市民祭りで募金活動を行ってきました。


 10月21日(日)に久喜駅周辺で行われた「久喜市民祭り」で、弓道設備拡充のための募金活動を行ってきました。実際に募金活動を行ったのは2時間半程度でしたが、本当にたくさんの方々からご支援いただきました。
 今回募金してくださった方々の期待に応えられるよう、今後も練習に励み、上位大会での活躍を目指していきます。ご協力ありがとうございました。

新人戦 結果報告

 10月6日(土)、7日(日)に県立武道館/大宮公園弓道場で新人戦が行われました。残念ながら団体戦では入賞は果たせませんでしたが、女子個人8位、男子個人7位に入賞することができました。

 ここ数週間、台風や雨天の影響でまとまった練習ができる期間は決して多くはありませんでした。その中でも地道に稽古に励んだ結果がでたのだと思います。特に女子団体では、予選2立で24射15中をだし、決勝トーナメント進出(県ベスト16)が叶い、ベスト8まで惜しくも届かず、という結果でした。次の全国選抜予選にむけ、良い足がかりになったのではと思います。



 一か月後の全国選抜予選が今シーズンの県大会最後になります。これまでの成果を発揮できるようさらに稽古に励んでいきたいと思います。

紫灘旗全国弓道遠的大会、県南東部支部大会 結果報告


【紫灘旗全国弓道遠的大会】 
 8月18日(土)、19日(日)に福岡県久留米市で行われた紫灘旗全国弓道遠的大会に出場してきました。
 全チームが予選2立行い、合計的中の多い上位8チームが決勝トーナメントに出場できます。本校は1回目6中、2回目6中の計12中という結果で、惜しくも決勝トーナメント進出とはなりませんでした。なかなか練習ができないなか、精一杯頑張ってくれました。新体制になり、初めての遠征で射技以外にも学ぶことが多い大会になりました。




【県南東部支部大会】
 8月18日(土)に大宮公園弓道場で行われた県南東部支部大会に出場してきました。
 予選1立、決勝1立の計24射の総的中で順位を決定します。男子団体では24射15中で団体準優勝、男子個人では7,8,10位に入賞、女子個人では4位に入賞という結果でした。弓道場の工事や主将不在(福岡遠征のため)、1年生のデビュー戦という状況の中、2年生を中心に活躍を見せてくれました。



 これから秋のシーズンにむけ、さらに稽古に励みたいと思います。今後とも応援のほど、よろしくお願いいたします。

弓道場設備のための募金活動を行いました。

 7月8日(日)に菖蒲で夏祭りがあり、本校のチア部が演技を披露しました。私たち弓道部はその場を少しお借りして、弓道設備充実のための募金活動をさせていただきました。
 実際に募金の呼びかけをしたのはほんの数分間だったにもかかわらず、本当にたくさんの方々にご協力していただきました。募金の呼びかけを行った部員たちは、自分たちを応援してくれる人たちがたくさんいることを再認識できたと思います。応援に応えられるよう、今後も弓道部一同頑張っていきます。
 ご協力していただいた皆さん、本当にありがとうございました。

全国遠的大会出場決定!

6月24日(日)県立武道館で紫灘旗全国高校遠的弓道大会埼玉県予選が行われました。普段学校での練習は近的(的まで28m)ですが、今回の大会は遠的(的まで60m)で競う大会です。
この大会で男子団体3位に入賞し、8月18日(土)・19日(日)に福岡県久留米市で行われる本大会に出場することが決定しました。

全チームが予選で2回引き、合計的中の多い上位3チームが本大会への出場権を得ます。同中の場合は競射で順位を決定します。
男子団体1回目では12射7中、2回目も12射7中で予選を24射14中で終えました。予選の結果1位、2位は決定しており、残り1枠を本校含めた6チームで争う形となりました。競射1回目で3人全員が的中させ、3位入賞を果たすことができました。
先週ほとんどの3年生が引退するなか、2名の3年生はこの大会まで頑張ってくれました。後輩たちにもよい刺激になりました。

埼玉県の代表として、短い期間ですがさらに自分の射に磨きをかけていってほしいと思います。

全国選抜大会 結果報告

 平成29年12月24日から滋賀県大津市の琵琶湖のほとりにある「ウカルちゃんアリーナ」で開催された「全国高等学校弓道選抜大会」に出場しました。校長先生も遠路はるばる応援に駆けつけてくださいましたが、残念ながら予選を通過できず、本人にとって悔しい結果となりました。
 しかし、全国から県予選を勝ち抜いたチームや選手の一人としてレベルの高い大会を経験できたことは、選手本人にとっても、弓道部にとっても、とても大きな財産です。9月の関東個人選抜大会も含め、こうした大きな大会への出場を重ねることで、何をめざして日常の練習に取り組むべきなのかを明確にとらえられるようになると思うのです。
 また、全国規模の大会でも安定した力を出せるようにするためには何が必要なのか、どんな射を作っていかなければならないのか、顧問としても考え学ぶところの多い大会でした。 
 出場した2年生はまだまだ現役真っ最中で、発展途上です。この大会での経験を自分だけのものにするのではなく、部員にも伝えて共有し、互いに切磋琢磨する材料にして欲しいと思います。 
 皆さま、応援ありがとうございました。これからも弓道部をよろしくお願いいたします。